ゴルフスイング改善計画

スライス、フック、トップ、ダフリ、チョロ。100切りできないアベレージゴルファー向けのスイング改善サイトです。

ミズノ新アイアン MP-15、MP-H5が10月17日から発売決定!

最終更新日: 公開日:

Mizuno(ミズノ)から新アイアン「MP-15」と「MP-H5」が2014年10月17日から発売決定となりました。

ミズノフリークの私としては、かなりテンションの上がるニュースで、ぜひ両方とも試してみたいアイアンです。
→[参考]ターフを取る打ち込むアイアンショット

MP-15はMP-59の後継モデルとして、MP-H5はMP軟鉄鍛造アイアンの中で、最大重心深度設計のモデルとなっています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Mizuno(ミズノ)MP-15の特徴

ミズノMP-15アイアンは、現行のMP-59の後継モデルで、軟鉄鍛造ヘッドのバック部にチタンを装着した「マッスルチタン構造」です。

MP-59よりもつかまりやすさが良く、スイートエリアも広くなっているため、ミスショット、特に横方向のブレを少なくする効果が優れています。

また、MP-4、MP-64シリーズ同様、Mizuno契約プロゴルファー、ルーク・ドナルド監修のラウンドソールを採用しているため、ダウンブローに打ち込んでも、芝に潜り過ぎず、抜けの良さを発揮します。

Mizuno(ミズノ)MP-H5の特徴

ミズノMP-H5アイアンは、軟鉄鍛造ヘッドに中空ブレードデザインを採用したアイアンで、MPシリーズで最も深い重心構造を実現しています。

シリーズ最大の重心深度を実現しているため、ボールが上がりやすく、かつスピン量を抑えた打球が打てるようになります。

公式ホームページのスイングチェックで、ルーク・ドナルド自身が解説しているとおり、ロングアイアンでも簡単にボールが上がり、かつソフトに落ちてくれるため、ロングアイアンでも狙ったところに落としやすい特徴があるようです。

MP-15とMP-H5はどちらが良いのか?

MP-15とMP-H5のどちらが良いか?というと、正直好みによると思います。

ミズノアイアンは、ヘッドの構造の違いでかなり打感が異なり、試打で打っただけでもその違いはわかります。
MP-15の「マッスルチタン構造」の打感が好みなのか、MP-H5の「軟鉄鍛造ヘッド」の打感が好みなのかは打ってみてからです。

2シリーズともに、機能性による「易しさ」と、ストロングロフト採用による「飛び」を実現していますが、正直、初心者向けのアイアンではありません。中級者(90台)~上級者向けのアイアンと言えると思います。

ミズノアイアンの場合、「どれが易しいか?」で選ぶのではなく、「どれが自分のフィーリングに合っているか?」で選ぶのが正しい選び方だと思っていますし、ミズノアイアンの面白さだと思っています。

まだ試打もしていませんので何とも言えませんが、個人的には、軟鉄鍛造ヘッドの打感の良さ、また今現在主流となっている「高弾道でソフトにボールを落とせる」打球を実現するMP-H5に興味がありますね。

例によってUSモデルは9月8日から販売開始となるようです。


MP-15のUS版についてはこちらをクリック


MP-H5のUS版についてはこちらをクリック

ミズノフリークの私としては、10月17日の発売日が楽しみで仕方ありません。

管理人がよく利用するオンラインショップ

 - おすすめゴルフグッズ, アイアン


ページ上部へ