ゴルフスイング改善計画

スライス、フック、トップ、ダフリ、チョロ。100切りできないアベレージゴルファー向けのスイング改善サイトです。

寒い冬のゴルフに快適「ミズノ サーマグリップ」

最終更新日: 公開日:

寒い冬のゴルフは大変ですよね。

風は強いし、乾燥するし、何より寒さが厳しい!

ゴルフのラウンドは朝が早く、山間部の寒いところや、海沿い川沿いなど風の通りがいいところが多いです。寒さも余計に厳しくなりますね。

私は手先の冷え性で、冬のラウンドが寒くて寒くて仕方ありません。

放っておくと手がかじかんでしまい、グリップをまともに握ることができなくなるので、上着のポケットにカイロを入れて常に暖をとっている状態です。冷たい風にさらされての外の競技だから手も荒れますね。

今年も例年のように、手先の寒さとの戦いかなー、と思っていたのですが、寒い冬にもってこいの防寒対策ゴルフ商品を見つけたのでご紹介します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ミズノ サーマグリップ(thermagrip)両手用

冬のゴルフで絶好の防寒対策として見つけたのが「ミズノ サーマグリップ(thermagrip)両手用」のグローブです。

thermagrip_01

昨年、いつものゴルフショップで馴染みの店員さんが勧めてきたので購入したのですが、これ本当にいいです。

甲の内側に「ブレスサーモ」が使われていてゴルフのプレーをすると暖かみが増してきます。※ブレスサーモ:人間が発する水分(水蒸気)を吸収して発熱する素材

暖かさが指先の方にも伝わって全体的に熱を逃さない素材で作られているので、使っている間は寒さ知らず。熱は逃さず湿気は外に放出されるので、蒸れたりすることもなかったです。

あれだけ手がかじかんでゴルフに支障がでるほどだったのに、サーマグリップをしてからは寒さ知らずになりました。一応、ポケットにカイロを入れていますが、カートの移動中に暖めるくらいで、常にポケットに手を入れている状態は解消されています。

ゴルフのしやすさ、プレーへの影響は?

両手にグローブ?と疑問になる方もいると思いますが、両手にグローブをすること自体は何も気になりません。そもそも女性は両手にグローブをしてゴルフをすることが多いですからね。慣れの問題で、練習場で2、3回練習すれば慣れてきます。

さすがに、普通のゴルフグローブのようにピタッとフィットすることはありません。もちろんブカブカのゆるゆるという訳ではなく、ピッタリ手に馴染むのですが、素材の厚さもあり、普通のゴルフグローブほどのフィット感はありません。

でも、それがゴルフのプレーに影響あるかと言われると、プレーへの支障はないと思っています。フィッティングの感じもやはり慣れの部分が大きく、慣れてしまえば違和感なく普通にゴルフすることができます。スコアも落ちてないですしね(笑)

それよりも、私の場合は寒さで手の感覚がなくならないというのが一番大きいです。手先・指先の感覚がしっかりしてこそ、グリップから伝わる感覚や細かい調整が自然にスイングに影響しますからね。

冬の手の寒さが一番のストレスだっただけに、この商品は久しぶりのヒットでした。冬の寒さで悩んでいる方は、ぜひ試してみてください。

管理人がよく利用するオンラインショップ

 - おすすめゴルフグッズ


ページ上部へ