ゴルフスイング改善計画

スライス、フック、トップ、ダフリ、チョロ。100切りできないアベレージゴルファー向けのスイング改善サイトです。

【ゴルフの切り返し】手の下ろし方とタイミングの練習方法

最終更新日: 公開日:

kirikaeshi

ゴルフの切り返しとは、バックスイングからダウンスイングに切り替わる瞬間のことで「トップでの切り返し」とも言われます。

アマチュアゴルファーにとって切り返しは結構難しい課題で、切り返しを意識し過ぎると、

  • 打ち気が勝って上半身から動き出して体が開く
  • 右足体重のまま回転運動を始めてしまう

といったミスになりやすく、スライス・チョロ・ダフリ・トップといったミスショットを誘発してしまいます。

今回は、ゴルフの切り返しの重要性と、切り返しにおけるポイントである「手の下ろし方」と「タイミングのとり方」をご紹介します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

切り返しの重要性

切り返しは

  • スイングのリズムを作る
  • 捻転差が最大になり飛距離アップ

のポイントになる部分です。

スイングのリズムを作る

切り返しの部分で動きに「タメ(溜め)」ができることで、スイングにリズムが生まれます。

タメが上手にできると、体が開いてスライスになったり、右足体重のままスイングをしてしまうといったミスショットが無くなります。

捻転差が最大になり飛距離アップ

切り返しは、上半身と下半身の捻転差が最大になる部分です。

捻転差は

  • 力強く吹け上がるアイアンショット
  • より遠くへ飛ばすドライバーショット

につながります。

そのため、「切り返しで捻ったパワーをいかに逃すことなくダウンスイングに入れるか」が重要になります。

切り返しの練習方法と意識する部分

切り返しは「自分で自然にしたくなる部分」が基本です。

野球のスイングもそうですが、本来であれば切り返しはわざわざ意識する必要のないポイントです。体が自然に動く部分が切り返しポイントになります。

とは言え、正しい切り返しを身につけるためには意識的に動かす必要はあります。

意識するポイントは以下の2つです。

  • 左脇腹の筋肉の捻り
  • 手を真下に下ろす

左脇腹の筋肉の捻り

切り返しで私が意識しているのは、左脇腹の筋肉の捻りです。

バックスイングにおいて左脇腹を意識することは以前の記事でご紹介しましたが、この左脇腹の捻りが最大となりこれ以上体が回らない部分が切り返しポイントです。

左脇腹を意識すると、自然と前傾姿勢が保たれて捻転差で溜めたパワーが逃げない姿勢になります。このとき体の構造上、一番パワーを溜めた状態で自然とバックスイングが止まります。この自然と体が止まったポイントが切り返しのポイントになります。

手を真下に下ろす方法

バックスイングから切り返してダウンスイングに入るときに、ゴルフ雑誌やレッスン本でよく言われるのが

  • トップの位置
  • 手を真下に下ろすこと

です。

このうち「トップの位置」は、前傾姿勢の深さ・クラブの種類・体の柔らかさなどで変わってくるので、正確には「トップの位置はココ!」というポイントはありません。

問題は手を真下に下ろす方法

切り返しで手を真下に下ろすというのは、どのレッスン本でも結構言われていて、私が参考にしている「谷将貴レッスンプロのDVD」でも、手を真下に下ろすと解説しています。
谷将貴さんのレッスンDVDの詳細を見てみる

このとき、アベレージゴルファーがよく陥るのが、クラブがボールの手前で落ちてしまう極端なダフリです。手を下に下ろすことを意識するあまり、体全体が回転しないで腕だけが落ちてしまい、ボールの遥か手前でクラブが落ちてしまうのです。

手を真下に下ろすといっても、真下に下ろす動作をそのまましてはいけません。

切り返しで手を真下に下ろすとは、切り返しの一瞬に「ポンッ」と真下に力を入れるだけです。

切り返しのきっかけに一瞬真下に力を入れるだけで、あとは体全体の回転運動で打つことを意識するだけです。

それでもボールの手前を叩いてしまう人へ

手を真下に下ろすのは切り返しの一瞬なのですが、それでもボールの手前を叩いてしまったり、チョロ・ダフリ・トップのミスショットになってしまう場合。

その場合は、トップからの切り返しで手を真下に下ろすのではなく、手(グリップエンド)を斜め右下から右側に下ろしてください。下の図のように飛球線方向ではなく、真下より更に逆の右下から右側に下ろします。

mashita

右下を意識することによって、体の開きもなくなり手が早く落ちすぎることもなくなります。但し、右下へ下ろすことを意識するときは、右足体重になりやすくなるので、右足体重には注意しましょう。あくまでも、下半身主動で下半身が動き出してから上半身の動きです。

体の開かない正しい切り返しができるようになると、アイアンショットでは力強さが出て来るし、ドライバーも今よりさらに飛距離アップするようになるはずですよ!

▼記事中でご紹介したレッスンDVDの詳細はコチラ▼tani

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク
100切り定着のためのスイングの基本

【ゴルフのグリップ】上達の基本は正しいグリップから
【ゴルフのアドレス】重心を体の中心にキープする方法
アドレスで構えてから始動するときに意識すること
ゴルフのバックスイングで意識する2つのポイントと実践方法
ゴルフにおける正しいトップの位置
【ゴルフの切り返し】手の下ろし方とタイミングの練習方法
ダウンスイングで意識することはありません
ボールのインパクトはスイングの通過点
フォロースルーは自分で積極的に作るもの
【ゴルフ上達の近道】スイングはフィニッシュを意識するべし!

管理人がよく利用するオンラインショップ

 - スイング練習方法, トップ, 体の使い方, 手を真下に下ろす


ページ上部へ