ゴルフスイング改善計画

スライス、フック、トップ、ダフリ、チョロ。100切りできないアベレージゴルファー向けのスイング改善サイトです。

GLOIRE F(グローレF)アイアンを試打しました

最終更新日: 公開日:

先日、地元のゴルフショップで先行試打してきた「テーラーメイド GLOIRE F(グローレF)ドライバー」と共に「GLOIRE F(グローレF)アイアン」も試打しましたので、そのときの試打結果をご紹介します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

貫通型スピードポケット搭載のグローレFアイアン

GLOIREFIRON

グローレFアイアンの特徴は、テーラーメイドのフォージドアイアン初の貫通型スピードポケットの搭載です。

独自の2ピース製法で、飛距離アップと抜けの良い打感を実現しています。

7番アイアン、9番アイアンと試打しましたが、確かに「やさしく簡単に飛ぶ」アイアンです。

7割程度のコントロールショットでも、7番アイアンで130ヤード~140ヤード程度。
それほど力を入れないフルスイングで150ヤードは飛んでいました。

私の7番アイアンの平均飛距離は130ヤード~140ヤード程度ですから「本当に簡単に飛ぶ」といった印象です。※Mizuno ミズノ MP53アイアン使用時

但し、アイアンの飛距離を求めるのであれば、以前試打した「YAMAHA(ヤマハ) impres 14RMX UD+2アイアン」のぶっ飛びアイアンの方が飛びます。
→[参考]確かに飛ぶ!「YAMAHA(ヤマハ) 14RMX UD+2アイアン」を試打しました

2番手上の飛距離と番手通りの高さを実現する「YAMAHA(ヤマハ) 14RMX UD+2アイアン」の方が簡単で、さらに飛ばせる印象です。

打感と方向性が抜群!

グローレFアイアンは打感と方向性が抜群です。

貫通型スピードポケットの効果でしょうか。抜けの良さは確かに心地良く、何度打っても「シュコーン」といった抜けの良い軽い感覚です。

多少芯を外しても、アイアンがミスを吸収してくれるので、方向性のブレが少なくなります。最近のアイアンは「方向性のブレを吸収する」機能の進化が目覚ましいですね。

「簡単に方向性良く番手通りの飛距離を実現する」アイアンとしては、かなり高性能ではないでしょうか。

シャフトは絶対フジクラ製のGL3300

グローレFアイアンを購入するとき、シャフトは必ず「フジクラ社製のGL3300 カーボンシャフト」を選択してください。

もともと、グローレFのコンセプトが簡単に飛距離を実現すること。
男性シニアゴルファーや女性ゴルファーなど、力がない人でも簡単に飛距離を出せて、番手通りの高さの打球が出せることが特徴です。

そんな人が見栄を張って、わざわざスチールシャフトにすることはありません。「カーボンシャフトにすると方向性が安定しない」というのはもう過去の話です。

試打した感覚を持っても、グローレFアイアンの性能を最大限引き出せるのは「フジクラ社製のGL3300 カーボンシャフト」だと感じました。

コンセプトに合ったシャフトを選ぶことで、そのクラブをさらに簡単にするか、難しくしてしまうかが決まってしまいます。

グローレFアイアンに、フジクラ社製のGL3300 カーボンシャフトは本当にお勧めですよ。



GLOIRE F(グローレF)アイアンのネット割安購入はこちらから


※上記リンクのGDO(ゴルフダイジェストオンライン)購入で、尾崎直道プロとのラウンドチケットプレゼントに応募できます。

管理人がよく利用するオンラインショップ

 - おすすめゴルフグッズ, アイアン, クラブの試打報告


ページ上部へ