ゴルフスイング改善計画

スライス、フック、トップ、ダフリ、チョロ。100切りできないアベレージゴルファー向けのスイング改善サイトです。

ドライバーのテンプラ!突然発生する原因と対策

最終更新日: 公開日:

tenpura_02

初心者のミスショットで多いドライバーのテンプラ(天ぷら)

ゴルフボールが高々と真上に上がる光景から「天ぷらがよく揚がる(上がる)」ことになぞった用語で、正式なゴルフ用語ではありません。

右や左に曲がるドライバーショットなら前に進みますが、テンプラの場合は、ほぼその場にボールが残りティーアップもできずに打ち直しですから、一気にやる気がなくなりますよね。

でも、どんなに初心者でも、練習場のドライバーショットでテンプラを連発している人はあまり見かけません。

なぜ本番ラウンドのドライバーショットでテンプラが発生してしまうのでしょうか?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

テンプラの原因

テンプラの直接の原因

テンプラの直接の原因は、ドライバーのヘッドがスイングプレーンの下降軌道のときにボールをインパクトすることで発生します。

通常のドライバーショットは、最下点を通過してヘッドが上昇軌道になった瞬間にインパクトを迎えます。

tenpura_01

テンプラの間接的な原因

では、なぜドライバーのヘッドが下降軌道でインパクトしてしまうのか?

以下のような原因が考えられます。

  • ティーアップのボールが高すぎる
  • ボールを右寄りに起きすぎる
  • 右足体重のままインパクトする

ティーアップのボールが高すぎる

初心者の場合、ティーアップのボールが高すぎる場合があります。

練習場ではゴム製の太いティーの上にボールを起きますが、本番ラウンドでは細いティーを自分で挿して調節します。

練習場と同じくらいの高さで調節したつもりでも、本番ラウンドだと意外と高くティーアップしている可能性があります。

ボールを右寄りに起きすぎる

スライスショットを連発する人に多いのですが、本番ラウンドになるとボールを右寄りに置く人がいます。

確かにボールを右寄りに置くことで、フェースが開く前にインパクトするのでスライスは緩和されますが、ボールが最下点(下降軌道)でインパクトする確率は高くなります。

右足体重のままインパクトする

これはアマチュアゴルファーの永遠の課題ですが、右足体重でインパクトすることで「すくい打ち」のような形になります。

右足体重だと、ボールを下降軌道でインパクトしたときは「テンプラ」、ボールが左寄りでヘッドが上昇軌道のときは「チョロ」といったミスショットになってしまいます。

本番ラウンドでテンプラを治す対策

テンプラにつながる原因を見直す

もし、スライスやチョロを防ぐためにボールを故意に右寄りに置いているなら、まずはそれをやめましょう。テンプラの原因です。

スライスもアマチュアゴルファーを悩ますショットではあるのですが、ボールが全く前に飛ばないよりはマシです。

ドライバーは方向はある程度捨てて遠くに飛ばすこと。

プロゴルファーでもドライバーショットは安定しません。ドライバーを選択した時点で方向性は捨てましょう。そのためにボールを右寄りに置くとこもやめましょう。

左足体重を意識する

ティーショットを打つ前の素振りで、野球打ちのような素振りをしましょう。

具体的には

  • アドレスからトップまでで完全に右足1本に乗る
  • ダウンスイングからインパクトで左足1本に乗る

野球の「一本足打法」のように、右足→左足の片方の足に完全に乗ることで、左足体重の感覚を体に染み込ませます。

もちろん、実際に打つときにこれをするとミスショットになりますが、直前の素振りで左足体重を意識することで、右足体重のショットが改善されます。

ティーアップを低くする

一番簡単で効果的な方法がティーアップを低くすることです。

ティーアップを低くすると、ナイスショットをしたときにトップ気味の打球になりますが、テンプラでボールがその場に留まるよりは全然マシです。

左足体重を意識してもテンプラが出てしまう場合は、ドライバーのソールが地面についても、ボールがフェースの真ん中付近に当たるくらいまでティーアップを低くしてしまいましょう。

練習場(打ちっ放し)でのテンプラ対策

練習場(打ちっ放し)では、テンプラショットは滅多にでません。
初心者ゴルファーがテンプラショットを連発していたら、屋根にボールを当てる人が続出してます(笑)

そのため、練習場で対策しても「こうやったらテンプラがでない」と実感できないのですが、でも意識して練習することは大事です。

  • ボールを左寄りにして構える
  • 体重移動を意識する

テンプラ対策で重要なのは上記の2つです。

ボールはドライバーショットの基本である「左足かかとの延長線上に置く」を意識する。練習場だとティーアップの位置が決まっているので、そうなるようにアドレスで構えましょう。

あとは積極的に体重移動をして左足体重を意識することです。

練習場では、多少オーバーかな?と思うくらい体重移動しないと、本番でなかなか積極的に体重移動できません。

積極的な体重移動は、テンプラだけではなく「チョロ」「ダフリ」といった他のミスショットの防止にもなるので、ぜひ練習で意識してみてください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

よく読まれている関連記事



管理人がよく利用するオンラインショップ

 - ミスショット改善方法, 天ぷら(テンプラ)の直し方


ページ上部へ