ゴルフスイング改善計画

スライス、フック、トップ、ダフリ、チョロ。100切りできないアベレージゴルファー向けのスイング改善サイトです。

シンプルマスターCB(キャンディーボール)で体全体のスイングをつかむ!

最終更新日: 公開日:

私がゴルフの練習で使用している練習グッズ「シンプルマスターCB(キャンディーボール)」の紹介です。

私がスイングの参考にしているレッスンプロ「谷将貴さん」が考案した練習グッズで、腕と上半身を連動させて体全体でボールを打つためのものです。

これを使って練習することで、コンパクトなのに力強い打球になるショットが打てるようになりました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

腕と上半身を連動させるための練習グッズ

私のゴルフにおける基本理念のうち「体全体でボールを打つ」を練習するときに使用する練習グッズです。

腕と上半身を連動(一体化)させ、体全体でボールを打つためには、グリップで握った手を頂点として、腕と胸で作る三角形を維持したままスイングする必要があります。

腕だけで打つようなスイングや、前傾姿勢が崩れスイングプレーンが崩れる場合などは、この「三角形」が保たれません。

シンプルマスターCB(キャンディーボール)は、紐のついた柔らかいキャンディーボールで、この紐を首に下げ、ボールを腕と胸で作る三角形に挟んでスイングします。

simple_cb_01

このボールを挟んだまま落とさないようにスイングするだけで、三角形が維持され、腕と上半身が連動した体全体でボールを打つスイングが再現できます。

腕だけで打つようなスイングの場合、腕と胸の三角形が崩れてキャンディーボールが落ちるため、すぐに腕と上半身が連動していないことがわかります。

いろいろなスイング練習で使用できる

基本は「体全体で打つスイング」を身につけるものですが、いろいろなスイング練習で使用することができます。

  • 体全体で打つ感覚を身につける
  • フルスイングの感覚を身につける
  • 右脇が開かない引き締まったスイングを身につける

体全体で打つ感覚を身につける

腕と胸を一体化させて体全体で打つ感覚を身につけるために、腕と胸でボールを挟んで、ハーフスイングやスリークォータースイングをします。

フルスイングではなくハーフスイングにすることで、勢いでごまかすスイングではなく、体全体を使った正しいスイングが身につきます。

フルスイングの感覚を身につける

アマチュアゴルファーのフルスイングは、どうしても腕の力に頼りがちになります。

力を込めることで、腕が先行した精度の悪いスイングになってしまいます。

腕だけで挟んでフルスイングすることにより、フルスイングした際の腕の使い方も練習できます。腕だけが先行したり、手首をムリに使うようなスイングが改善されます。

右脇が開かない引き締まったスイングを身につける

バックスイングからダウンスイングまでは右腕をたたむ必要があります。

アマチュアゴルファーはどうしても右脇が開き、オーバースイングになりやすくなります。右脇が開くオーバースイングはスイングプレーンの乱れとなり、ショットの精度が格段に落ちます。

キャンディーボールを腕だけで挟み、ボールを落とさないようにフルスイングすることによって、右脇が開かない正確な右腕の使い方を学ぶことができます。

素振りとボールを打つ練習の両方で使用できる

素振りでもボールを打つ練習でも両方の局面で使用することができるので、私は主に家での素振り、練習場でのボール打ちで使用しています。

さすがにコースに持って行って、本番のラウンド中に使うことはありませんが、練習中、腕と上半身の連動が上手くいってないなと感じた時や、力強い打球がでなくなったときなど、体全体で打つときの体の使い方の確認のときに使用しています。

シンプルマスターCB(キャンディーボール)を使い始めたときは、腕と胸で挟んでハーフスイングやスリークォータースイングでボールを打つ練習を多くして、体全体でボールを打つ感覚が身につくまで使い込みましょう。

体全体を使って、捻転差のある力強いショットを打つための最短ルートが、シンプルマスターCBを使った練習ですよ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

よく読まれている関連記事



管理人がよく利用するオンラインショップ

 - おすすめゴルフグッズ, 練習用具


ページ上部へ