ゴルフスイング改善計画

スライス、フック、トップ、ダフリ、チョロ。100切りできないアベレージゴルファー向けのスイング改善サイトです。

ゴルフボールの「つかまり」の意味とつかまえる打ち方

最終更新日: 公開日:

tsukamaru_shot

ゴルフでよく聞かれる「ボールのつかまり」「ボールがつかまる」という言葉。

ゴルフ場で「このクラブはつかまりがいいね~」なんて会話があったりしますが、私は初心者の頃「ボールのつかまり」という言葉がわかりませんでした。

「ボールがつかまると飛距離のでるドロー(フック)系の打球になって、つかまらないと飛距離のでないフェード(スライス)系の打球になる」と思っていましたが、これは「つかまえた結果」であって、つかまるということではありません。

・・・ちょっとわかりにくいですね(^_^;

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ボールのつかまりの意味

ボールのつかまりとは「ボールを長くフェース面に乗せて(当てて)押し込むことができること」を言います。

フェースに乗ったボールを長く押し込むことができれば、その分パワーがボールに伝えられて、結果力強い打球が生まれます。これがボールをつかまえるということです。

ボールをつかまえるために必要なこと

ボールをつかまえるためにはフェースローテーションが欠かせません。

ゴルフにおいて、正常なスイングプレーンが描くクラブヘッドのスイング軌道は、インから降りてインに上がります。

イン(内側)から入ったクラブフェースに対し、インパクト後ボールは当然アウト(外側)に飛んで行こうとします。この時にフェースローテーションがないと、フェースがそのままなので、ボールがアウト(外側)に逃げてフェースからすぐに離れてしまうためパワーが伝わりません。

■つかまらない打球
つかまらない打球

インパクトの時にフェースローテーションを使い、ボールがアウト(外側)に逃げないようにすることを「ボールをつかまえる」といいます。

ボールがアウト(外側)に逃げないようにつかまえた結果、ボールが長くフェースに乗るので、その分パワーをボールに伝えることができます。

■つかまる打球
つかまった打球

フェースローテーションを利用して、アウト(外側)に逃げようとするボールを文字通り「つかまえて」ボールを長くフェースに乗せます。その結果、ボールにフェースに接地する時間が長く、フェースを押し込んで力を伝えることができます。

上記が「ボールがつかまる」という状態です。

フェードでもボールはつかまえられる

つかまえた打球は、ボールつかまえた結果、フェースがかぶり気味になってドロー系の打球が出やすくなるだけで、フェード系の打球でもボールをつかまえることは可能です。

以前、女子プロゴルファーの横峯さくらさんが「つかまったフェードを打ちたい」とインタビューで答えてました。

若干開き気味のフェースでインパクトを迎え、フェースローテーションを積極的に利用してボールを捕まえてパワーを伝え、ボールが離れる直前もフェースがかぶらないようにして、力強く飛距離のでるフェードを打ちたいということです。

ただ単にボールをつかまえにいくよりも相当な技術を必要としますが、フェード系のつかまり打球が習得できれば「飛んで止まるフェードの打球」が打てるのです。

アメリカPGAツアー6勝、2012年と2014年のマスターズを優勝した「ババ・ワトソン」もフェード打ちですが、ドライバー平均飛距離310ヤード以上、飛ぶときはツアー中でも350ヤード以上飛ばすのですから、フェードだから飛ばないなんてことはないんですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ボールをつかまえる打ち方

ボールをつかまえるためにはフェースローテーションが不可欠ですが、フェースローテーションはフェースを開閉するため、タイミングの取り方が難しく、それなりの技術と練習量が必要です。

特に最近は、アイアンショットでは、スイングプレーンをシンプルに保ちフェースをできるだけ開閉しないで打つスイングが主流です。

アイアンショットは「いかに狙った場所にボールを運べるか」が目的であり、再現性が高く精度の高いショットを打つことが求められます。そのためにはフェースの開閉を抑え、できるだけ無駄な動きをしない方が効率がよいからです。

ですが、ドライバーショットなど飛距離も求めるショットの場合は、ある程度フェースローテーションを利用して、ボールをつかまえる打ち方が必要となります。

最近の主流は

  • アイアンショットはフェースローテーション抑える
  • ドライバーはボールをつかまえて飛距離を出す

となってます。

ドライバーでつかまえる打ち方が有効な理由

ドライバーではフェースローテーションを利用して、ボールをつかまえる打ち方が有効です。

というのも、現代の大型ヘッドのドライバーではフェースが開閉しにくいため「インパクトで開き過ぎて当たる、閉じ過ぎて当たる」というブレが少ないからです。

アイアンはドライバーに比べフェースが開閉しやすいため、インパクトでフェースローテーションのタイミングを合わせるのが難しく、開き過ぎてどスライスが出たり、つかまり過ぎてひっかけたりする可能性が高まります。

一方、ドライバーはクラブの特性上フェースの開閉が小さいため、つかまえるためのフェースローテーションにアイアンほどシビアな精度が求められないからです。

そのため、ドライバーではある程度フェースローテーションを使って「つかまえて飛距離を出すショット」が可能となるんです。

ボールをつかまえるときやってはいけないこと

ドライバーショットのボールをつかまえる打ち方で、絶対にやってはいけないのが「自分からつかまえにいく打ち方」です。

自分からつかまえにいく打ち方というのは「インパクトで無理に手首を返して、フェースの開閉を強引にする打ち方」です。

上記の方法でドライバーショットを打つと、まずまともに当たりません。
ミート率が極端に落ち、飛距離が出るどころか「飛ばない」「曲がる」ショットになってしまいます。

ボールをつかまえる正しい打ち方

まず、フェースの開閉はクラブに任せます。

そのため、ドライバーショットではグリップは軽く握り、手首を柔らかく保ちます。目安としては、全力で握ったときの3~4割の力加減でしょうか。

意識するのは、トップからダウンスイング、インパクトまでの「右肩」です。

トップでの右肩の位置をそのまま保つ意識で、ダウンスイングからインパクトを迎えてドライバーを振り抜きます。

フェースを返そうという意識が強いと右肩が出てしまい、途端にアウトインのスイング軌道になってしまいます。また、手で返そうと意識しても右肩が出てしまいます。

トップでの右肩の位置を動かさず、ダウンスイングからはある意味「腕だけで振る」ようなイメージでスイングすると、クラブフェースの自然な開閉が生まれ、つかまる打球が打てるようになります。

上記のつかまるドライバーショットの打ち方は「ドロー飛距離アッププログラム」という動画で説明されていて参考にしました。

僕のような体の小さい人でも、少ない練習で簡単にコツを覚えることができる内容なので、ドロー系のショットで飛距離アップを目指したい人は、ぜひ一度見ておくのをおすすめしますよ!

hikyori_pgドロー飛距離アッププログラムの詳細はコチラ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

よく読まれている関連記事



管理人がよく利用するオンラインショップ

 - インパクト, スイング練習方法, ドライバーの打ち方


ページ上部へ