ゴルフスイング改善計画

スライス、フック、トップ、ダフリ、チョロ。100切りできないアベレージゴルファー向けのスイング改善サイトです。

ゴルフスイングの肘の使い方(右肘編)

最終更新日: 公開日:

ゴルフスイングの肘の使い方、今回は右肘について解説します。

前回の「ゴルフスイングの左肘の使い方」で書いたとおり、ゴルフの肘の使い方について重要なのは右肘です。

「右肘を上手く使えるか」というよりも「右肘を上手く意識できるか」という部分が重要になってきますので、スイングの各工程での右肘について説明したいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アドレス時の右肘

みなさんはアドレス時の左腕と右腕はどういう状態でしょうか?

両腕とも真っ直ぐ伸びている状態ですか?

もし両腕とも真っ直ぐ伸びている状態だとすると、スライスに悩まれているかもしれないですね。

アドレスの時、左腕は真っ直ぐ伸びている状態ですが、右腕は若干曲がっている状態が理想です。

migihiji_01

曲がっていると表現すると極端に曲げる人がいそうなので「ゆとりがある状態」と表現した方がいいかもしれませんが、どちらにしろピーンと右腕が張った状態で右肘が右を向いている状況は良くありません。アドレス時から右肩が突っ込んでいる状態だからです。

アドレス時の右腕はゆとりのある状態で、右肘は下(もしくは右下)を向いている状態を意識しましょう。

バックスイングからトップの右肘

バックスイングからトップまでの右肘は常に下を向いた状態です。

そして、右肘はできるだけ体から離さず(※)上半身の動きと一緒に右肘を支点として前腕をトップまで上げる意識です。
※体にピッタリつけるという意味ではなく、アドレス時の肘と体の距離を保ったままという意味です。

cock_02

もし右肘が右を向いていたり後ろを向いている状態だとすると、その時点でスイングプレーンが崩れています。その状態でインパクトのミート率を上げるためには、崩れたスイングプレーンを元の正しい軌道に修正する必要があるので、高度の技術を必要とするし、無駄な動作です。

バックスイングからトップまでは、右脇を締めて右肘を体から離さず下に向けるイメージでスイングしてください。

ダウンスイングからインパクトの右肘

ダウンスイングの右肘

ダウンスイングからインパクトまで、体全体の動きとしては下半身始動(体重移動)ですが、上半身は右肘始動です。まず右肘が先行して動き出します。

このとき右手や右前腕から動き出していると、スイングプレーンが崩れ精度の低いショットになります。また、クラブヘッドが先に動き遠心力が与えられないため、ミートしても力強い打球がうまれません。

ダウンスイングからは右肘始動で、右肘を右肋骨と右わき腹の間にぶつけるようなイメージで右肘を下に降ろします。

migihiji_02右肘を肋骨付近にぶつけるイメージ

このとき右肘だけを動かすとそのままズドン!とクラブヘッドが落ちるだけなので、体全体を動かすスイングの中で、右肘はダウンスイングの始動のきっかけの意識を持ってください。

但し、トップでの切り返しからダウンスイングでは、右肘はそれほど意識しなくても構いません。

バックスイングからトップまでで、右肘が下を向いた引き締まった形ができていればスイングプレーンは正常なので、あとはインパクトまで右肘が曲がったままを意識した方がいいでしょう。

インパクトの右肘

ダウンスイングでも説明しましたが、インパクトでは右肘は「やや曲がったまま」です。

migihiji_03

インパクトで両腕が真っ直ぐになるイメージを持たれている方は、ダフリやトップが多いのではないでしょうか?

右肘が真っ直ぐ伸びるのは、インパクト後にクラブフェースが最下点を迎えた時です。
アイアンショットで言えばボールの左でターフを取った時となります。

払い打ちやドライバーでも同様、右肘が真っ直ぐ伸びるのは体の正面ではなく、クラブフェースがボールと捕えた後です。

「バックスイングからインパクトでは右肘は少し曲がったまま、インパクト後に右肘が伸びる」のが正しい右肘の使い方です。

インパクトからフォロースルーでは右肘を意識するというよりも、フィニッシュを意識したスイングをすれば自然と右肘が使えるので、この時点では右肘について考える必要はありません。

右肘の使い方として重要なのは

  • バックスイングからトップまでの右肘の位置と向き
  • ダウンスイング始動時の右肘の降ろし方
  • ダウンスイングからインパクトでは右肘は曲がったまま

です。

ショットが安定しない時は、右肘が下を向いてないでスイングプレーンが崩れている時。
ボールの手間を叩くようなダフリの時は、インパクト前に右肘が伸びてしまっている時。

ミスとしてはこの2つのケースがほとんどなので、その点を注意して右肘を意識するようにしてみてください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

よく読まれている関連記事



管理人がよく利用するオンラインショップ

 - 体の使い方,


ページ上部へ