ゴルフスイング改善計画

スライス、フック、トップ、ダフリ、チョロ。100切りできないアベレージゴルファー向けのスイング改善サイトです。

ゴルフのバックスイングで意識する2つのポイントと実践方法

最終更新日: 公開日:

backswing

ゴルフにおける「バックスイング」とは、アドレスで構えてから動き出してクラブを振り上げるまで動作で、「始動してからトップまでの動作」または「始動してから切り返すまでの動作」のことを言います。

ゴルフにおいて「スイングをする」というと、ついクラブを振る動作に集中しがちです。ゴルフ雑誌やレッスン本なども「ゴルフを振る動作」であるバックスイングからダウンスイングにかけての記事を多く見ます。

当ブログでも何回も書いていますが、私は「フィニッシュの格好」がゴルフのショットの精度を決める一番のポイントだと思っています。

フィニッシュを正しい形にするためには、ダウンスイングからフォロースルーが正しいスイングプレーンでなければならないので、フィニッシュの正しい形を意識的に作ることで必然的に正しいスイングができるわけです。

ただし、フィニッシュができれば他はおろそかにしていいかといえばそうではなく、より精度を上げてより遠くに飛ばすためにはバックスイングも考えなければなりません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

バックスイングで意識するポイント

バックスイングで意識するポイントは以下の2つです

  • 前傾姿勢(前傾角度)の維持
  • 振りかぶりすぎない(捻転差の意識)

前傾姿勢(前傾角度)の維持

前傾姿勢(前傾角度)の維持は、アドレス時の前傾角度を保ったままバックスイングをする(クラブを振りあげる)という意味です。

前傾姿勢の維持により、正確なスイングプレーンが保たれショットの精度が高まります。

ほとんどのアマチュアゴルファーが、前傾姿勢の維持を頭で意識していても、スイングが始まるとどうしても前傾が崩れてしまいます。それほどアマチュアゴルファーにとって「前傾姿勢の維持」は難しいことです。

振りかぶりすぎない(捻転差の意識)

振りかぶりすぎない(腰を伸ばさない)スイングができれば、上半身と下半身の捻転差が保たれ、より力強いショットが打てるようになります。

力強いショット、飛距離の出るショットというのは、インパクトのときに無理やり力いっぱい振って実現するものではなく、バックスイングのときの上半身と下半身の捻転差によって生まれるパワーによって実現します。

ただ、アマチュアゴルファーはバックスイングでの上記の2点について、なかなか実現することができません。ゴルフ雑誌やレッスン本などでは「飛ばそう、飛ばそうと意識するからだ」と解説していますが、私は違うと思います。

むやみに「飛ばそう、飛ばそう」と意識しているアマチュアゴルファーって以外と少ないと感じています。ドライバーならともかくアイアンであれば「正確にナイスショットを打つ確率を高めたい」と思って練習しているゴルファーがほとんどです。

飛ばそうと意識していないのに、バックスイングで前傾姿勢の維持ができなかったり、振りかぶりすぎてしまうのは「意識するポイントが間違っている」からです。

バックスイングの実践方法

正しいバックスイングを実践するために意識すべき点は

  • 左脇腹の筋肉の捻り
  • 右膝の角度

です。

左脇腹の筋肉の捻り

アドレスからの始動の仕方」でもご紹介しましたが、バックスイングでクラブを上げるときは

  • 上半身全体で大きく動き出す
  • 左脇腹の捻りを意識する

ことが重要です。

「前傾を崩さない!」と力むと余計に前傾角度は崩れて体が伸びてしまいます。

前傾を意識するよりも、左脇腹に意識を集中して筋肉の捻りを感じながらバックスイングすることで、理想の前傾姿勢を維持しながらバックスイングすることができます。

右膝の角度を維持する

アドレス時からの右膝の角度を維持してバックスイングでクラブを振り上げてください。

「前傾姿勢を保つ」という部分を意識すると、頭の位置は残るが膝や腰が伸びきったスイングになってしまいます。また「振りかぶりすぎない(腰を伸ばさない)」という部分を意識すると、腕だけでクラブを振る小さなスイングになってしまいます。

私がスイングの参考にしている「谷将貴レッスンプロ」は、自身のレッスンDVDで「右股関節に体重を乗せる」と解説していますが、私がそれを実践したところ、右股関節に体重を乗せるときに腰がどうしても右に動いてしまい上手くいきませんでした。
谷将貴レッスンプロのレッスンDVDの詳細を見てみる

右膝の角度と位置が崩れないように意識してバックスイングすると、前傾姿勢が保たれてスイングプレーンが正しくなります。

また、腰が伸びて振りかぶり過ぎることがなくなるので、上半身と下半身の捻転差が生まれ、力強いショットが打てるようになります。

バックスイングで前傾が崩れて振りかぶりすぎることで、精度も落ちるし飛距離も落ちてしまいます。

最初は多少ぎこちなく感じかるかもしれませんが、左脇腹に捻りを感じながら右膝の角度を意識してバックスイングしてみてください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク
100切り定着のためのスイングの基本

【ゴルフのグリップ】上達の基本は正しいグリップから
【ゴルフのアドレス】重心を体の中心にキープする方法
アドレスで構えてから始動するときに意識すること
ゴルフのバックスイングで意識する2つのポイントと実践方法
ゴルフにおける正しいトップの位置
【ゴルフの切り返し】手の下ろし方とタイミングの練習方法
ダウンスイングで意識することはありません
ボールのインパクトはスイングの通過点
フォロースルーは自分で積極的に作るもの
【ゴルフ上達の近道】スイングはフィニッシュを意識するべし!

よく読まれている関連記事



管理人がよく利用するオンラインショップ

 - バックスイング, スイング練習方法


ページ上部へ