ゴルフスイング改善計画

スライス、フック、トップ、ダフリ、チョロ。100切りできないアベレージゴルファー向けのスイング改善サイトです。

ゴルフは腕振りだけのスイングがいいのか?

最終更新日: 公開日:

傾斜のあるラフからのアイアンショット。

第1打のドライバーを大きく右にスライスさせて、傾斜のかなりあるつま先上がりとなる場所から、ほぼ棒立ちのような状態でスイングした経験のある方は多いと思います。

ほぼ棒立ちになるような足場ですから、ヘタに体重移動したり腰を切ったりせずに、腕だけでスイングすると、スコーンとナイスショットするときがありませんか?

それまでの調子が悪く、平らなフェアウェイからのショットでさえダフリやチョロといったミスショットを連発していたのに、傾斜の悪い坂道の棒立ちショットがナイスショットするのですから、ゴルフは腕だけで振った方がいいんじゃないの?と思う方もいると思います。

果たしてゴルフのスイングは腕だけで振った方がよいのでしょうか?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

傾斜のある棒立ちショットは状況が全く異なる

上記の傾斜での棒立ちショットは少し状況が異なります。

なぜならば、姿勢が文字通り棒のように真っ直ぐな姿勢となるため、ゴルフのスイングというよりは、野球のスイングに近くなるからです。

ゴルフが難しい理由は、姿勢が前傾姿勢だからです。

常に前傾姿勢を保ちながら体重移動し、前傾姿勢を保ちながら体を動かすため、そのスイングを難しくしているのです。
通常の生活で、前傾姿勢を保ちながらスイングするような動作は行いませんから、前傾姿勢が崩れやすくなり、ミスショットの原因となるのです。

斜面の確度がキツく、棒立ちの状態になる状況では、体の姿勢を崩さずにスイングできるため、腕だけの腕振りスイングでもミート率が高くなり、意外とナイスショットになるのです。野球経験者であればもっと実感できると思います。

上記のような状態では、腕振りだからナイスショットが打てたのではなく、棒立ちの状態で姿勢を崩さずスイングできるからナイスショットが打てるということを覚えておきましょう。

腕振りだけのスイングがよいのか?

個人的な見解は「No」です。つまり腕振りのスイングだけではショットは安定しません。

よく、ミスショットを少なくしてナイスショットの確率を高めるためには、スイング中の余計な動作をできるかぎり排除する、といったことが言われます。

私もその意見には賛成です。
必要以上のオーバースイング、必要以上の力をいれたスイングは必要ありません。

ですが、余計な動作の代表格として紹介される「体重移動」に関してだけは断固反対です。

単純に、ボールへのミート率を高めるだけを考えるのであれば、体を全く動かさずに腕だけで振った方がミート率は高まるでしょう。

但し、ゴルフに必要なのは「再現性」です。
いつ、いかなるときでも、出来る限りスイングのブレを少なくする、つまり再現性を高めることが最重要です。

練習場でのナイスショットが、本番ラウンドでも沢山再現できれば、スコアアップにつながると思いませんか?

体重移動を利用したスイングでのメリットは以下のとおりです。

1.飛距離が増す
2.右足体重のスイングになりにくい
3.スイングリズムがつかみやすい

体重移動により飛距離が増すことによるメリットは以前述べたとおりです。
【参考】ゴルフにおける1軸2軸の論争

多くのアマチュアゴルファー(アベレージゴルファー)のチョロやダフリの原因は、そのほとんどが右足体重のままスイングすることです。
腕振りだけのスイングでは、バックスイングでクラブを上げた時に右足に乗った体重が、そのままの状態になりやすくミスショットを誘発します。

またスイングリズムがつかみやすいことも重要です。
ゴルフにおいてスイングリズムの安定は、ショットの安定性も高めます。
毎回同じスイングリズムでスイングすることにより、ショットの再現性が高まるのです。

前傾姿勢を保ったままスイングするスポーツであるゴルフは、いかに前傾姿勢を保ったまま再現性の高いスイングをするかがカギとなります。

そのためには、腕振りだけのその時になってみないとわからないスイングをするよりも、体重移動を利用した体全体のスイングを身につけて、できるだけ本番ラウンドで練習場のナイスショットを再現できるようにしましょう。

管理人がよく利用するオンラインショップ

 - 体の使い方, 体重移動


ページ上部へ