ゴルフスイング改善計画

スライス、フック、トップ、ダフリ、チョロ。100切りできないアベレージゴルファー向けのスイング改善サイトです。

アドレスで構えてから始動するときに意識すること

最終更新日: 公開日:

adress_01

アドレスからの動き始め(始動)について、あれこれ悩んでいるアマチュアゴルファーの方多いと思います。

ゴルフを始めたばかりの頃は、目の前に置いてあるゴルフボールを打つために、アドレスで構えてから何も考えずに動きだしてボールを打っていたと思います。

段々とゴルフに慣れ、上達していき、ゴルフ雑誌やレッスン本を読みはじめると・・・途端にわからなくなるのが「アドレスで構えてから動きはじめるとき」なのです。

  • 腕から動き出す
  • 肩から動き出す
  • 腰から動き出す
  • 上半身全体で動き出す

プロゴルファーやレッスンコーチが様々なことを言うので「結局どこを意識すればいいの?」ということになってしまいます。私もアドレスからの始動について練習していたときに、このジレンマに悩んだときがありました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アドレスで構えてからの始動の仕方

体の一部分を意識し過ぎてはダメ

アドレスで構えた状態から動き出すときというのはアレコレ考えがちです。

動き出すタイミングは全て自分次第。

野球であればボールが飛んでくるので自分のタイミングも何もありません。ボールが目の前にきたら打つしかないのですが、ゴルフはそうではありません。そこがまたゴルフを難しくする要因の一つなのですが。

アドレスで構えた状態から動き出すときは、「特にこの部位から動かし始める」と意識する必要はありません。腕から動かす、腰から動かす、など意識した時点で自然なスイングはできないと思ってください。

両手に持った重くて大きいボールを投げるイメージ

私が意識していることは、アドレスから動き出すときは「両手に持った少し重くて大きいボールを投げるイメージ」で動き始めるということです。

両手に少し重くて大きいボールを持って投げるときは、腕だけの力で投げようとせずに、自然と「下半身主動」の動きとなります。この「腰の入った下半身主動の動き」がゴルフにおける理想の「アドレスからの始動」なのです。

イメージが湧きにくい方は、1回でもバランスボールやバスケットボールを実際に投げてみて確かめると、感覚がつかめると思います。

ドライバーでもアイアンでも、アドレスからの動きだしは「少し重くて大きいボールを投げる」感覚で始動してください。

アドレスから始動するときの注意点

バックスイングで前傾が崩れて体が伸びてしまう

アドレスで構えてから動き出すときは「両手に持った少し重くて大きいボールを投げるイメージ」で動き始める、と説明しましたが、1つだけ注意点があります。

よく、ゴルフ雑誌や参考本に「スイングアークは大きく」という解説があります。
手や腕だけを動かす小さなスイングではなく、体を使って大きくゆっくりスイングしましょう、という意味で説明されています。

これはこれでスイングの解説としては間違っていないのですが、このときに多くのアマチュアゴルファーが犯してしまうことは「バックスイングも大きくなってしまい前傾が崩れて体が伸びてしまうミス」です。

  • 前傾姿勢は崩れてない
  • 顔の位置はそのままにしている

と、本人が意識していても、腕だけが本来あるはずの「胸の前の位置」からズレてしまい、無意識に体が少し伸びてしまいます。バックスイングで体が伸びてしまうと、トップ・チョロ・ダフリといったミスショットを誘発します。

左の脇腹で捻りを感じる

私がバックスイングのときに状態が崩れないように意識しているのは「左の脇腹」です。

アドレスから始動したときに、お腹の左脇腹の筋肉で捻りを意識すると、自然と前傾の崩れない引き締まったバックスイングができるようになります。

体の構造上、前傾姿勢を崩さずに上半身全体でスイングを始めると、左の脇腹の筋肉が使われます。それを逆の発想で、あらかじめ左の脇腹の筋肉を意識することで正しいバックスイングを維持するということです。

アドレスで構えてから始動するときは

  • 大きなボールを投げるイメージ
  • 左の脇腹で捻りを意識する

まずはこの2点だけを意識してスイングを始めてください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク
100切り定着のためのスイングの基本

【ゴルフのグリップ】上達の基本は正しいグリップから
【ゴルフのアドレス】重心を体の中心にキープする方法
アドレスで構えてから始動するときに意識すること
ゴルフのバックスイングで意識する2つのポイントと実践方法
ゴルフにおける正しいトップの位置
【ゴルフの切り返し】手の下ろし方とタイミングの練習方法
ダウンスイングで意識することはありません
ボールのインパクトはスイングの通過点
フォロースルーは自分で積極的に作るもの
【ゴルフ上達の近道】スイングはフィニッシュを意識するべし!

よく読まれている関連記事



管理人がよく利用するオンラインショップ

 - 動き始め, スイング練習方法


ページ上部へ