ゴルフスイング改善計画

スライス、フック、トップ、ダフリ、チョロ。100切りできないアベレージゴルファー向けのスイング改善サイトです。

【ゴルフのグリップ】上達の基本は正しいグリップから

最終更新日: 公開日:

私は「脱アベレージゴルファー」を目指すためにスイングの改善を勧めています。

パターやアプローチの上達ではなく、アイアンやドライバーのグッドショット(ナイスショット)の精度を高めることによるスコアアップです。

ゴルフの楽しみは人それぞれだと思います。

  • スコアアップを目指す人
  • パターやアプローチなどの小技を極める人
  • アイアンやドライバーで気持ちよく飛ばしたい人

上達のためには様々な方法があり、一番楽しいと思える方法を選択するのが上達への近道ですので、何を選択するかは自由です。

私の場合は「カッコいい綺麗なスイングでナイスショットを連発したい」というのがゴルフの主目的であり、一番の楽しみです。スコアアップはその副産物と言ってもいいでしょう。

幸い、アイアンやドライバーの精度を高めカッコよく綺麗なスイングを追求した結果、アベレージが80台後半で落ち着いてくるようになりました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

上達の基本は正しいグリップ

さて、本題です。

アイアンやドライバーの精度を高め、ナイスショットを連発するために、まず一番最初にやらなければならないことは何でしょうか?

  • ショートアイアンでのハーフショットの練習?
  • 体重移動の練習?
  • 打ち込む感覚をつかむためのパンチショットの練習?

実は上記のどの練習でもなく、まず一番最初にやるべきことは「正しいグリップでクラブを持つこと」です。

正しいグリップはフックグリップ(ストロンググリップ)

グリップについてよく言われることは「フックグリップで、できるだけ手を返さないでスイングすること」です。

ですが、上記は半分正解で半分間違いです。正解部分は「フックグリップ」で、間違い部分は「できるだけ手を返さない」です。

つまり、「フックグリップで自然に手が返るグリップ」が正しいグリップです。

手の返しについては「手首の返しは状況に応じて使い分ける」で説明していますので、今回は「フックグリップの正しい握り方」について考え方と実際の握り方をご紹介します。

フックグリップの実践方法

フックグリップの考え方

ゴルフを全くやったことのないド素人に戻ったつもりで、な~んにも考えずクラブでも棒でいいので、左手だけで適当に持ち軽くボールを打つつもりでスイングしてください。

バックスイングで手を上げた時
ボールを打つ時
左手の甲はどこを向いているでしょうか?
斜め左上(10時~11時の方向)じゃありませんか?

そう、グリップは斜め左上になった形が自然で一番力の入る形なんです。

よく「バックスイングで手を上げた時に手の甲が上に向いているからスライスする」と言われますが、私は「グリップが間違っているので手の甲が自然と上に向いてしまうのでスライスする」と考えています。

つまり「自然と手の甲が左上に向くグリップ=フックグリップ」が正しいグリップであり、まず一番に改善する部分はグリップなのです。

フックグリップの握り方

では、フックグリップの実際の握り方を説明します。

まず下の写真を見てください。

スクエアグリップ

上記のグリップはフックグリップでしょうか?

いいえ。上記はスクエアグリップです。
フックグリップだと思った方も多いのではないでしょうか?フックグリップだと思った方はまだまだフックではありません。フックグリップはもっと手が真上に向いていいのです。

下の写真くらいでやっと「フックグリップ」といっていい状態です。

フックグリップ

わかりやすい目安としては、真上から見て、下の写真の赤い丸(ナックル部分)が3つ見える状態が正しいフックグリップです。

ナックル写真

フックグリップが浸透して随分経ちますので、ほとんどのゴルファーがフックグリップを意識していると思いますが、その多くの方が「フックの甘いフックグリップ」なのです。

そして、スライスで悩んでいる多くの方が、フックの甘いフックグリップを正しいと思い込み、スライスが出ないように間違ったスイングの練習をしてしまうのです。

まずは、左手指の付け根でグリップ部分を持ち

IMG_3748

左手のナックルが3つ見えるようにかぶせます。

フックグリップ

そして右手は真上からみて以下の写真のように、自然に力をいれずにかぶせます。

右手正しいグリップ

野球のように横持ちにならにように。

野球持ちグリップ

また、右手親指に力を入れてグリップを握ってもいけません。

親指に力が入ったグリップ

まずは「正しいフックグリップ」を身につけてください。

グリップが間違っていると、「間違ったグリップに合わせたスイング」になってしまい、いつまで経っても上達しない原因になってしまいます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク
100切り定着のためのスイングの基本

【ゴルフのグリップ】上達の基本は正しいグリップから
【ゴルフのアドレス】重心を体の中心にキープする方法
アドレスで構えてから始動するときに意識すること
ゴルフのバックスイングで意識する2つのポイントと実践方法
ゴルフにおける正しいトップの位置
【ゴルフの切り返し】手の下ろし方とタイミングの練習方法
ダウンスイングで意識することはありません
ボールのインパクトはスイングの通過点
フォロースルーは自分で積極的に作るもの
【ゴルフ上達の近道】スイングはフィニッシュを意識するべし!

よく読まれている関連記事



管理人がよく利用するオンラインショップ

 - グリップの握り方


ページ上部へ