ゴルフスイング改善計画

スライス、フック、トップ、ダフリ、チョロ。100切りできないアベレージゴルファー向けのスイング改善サイトです。

ひっかけが出てしまうスライサーのための3つの修正点

最終更新日: 公開日:

スライサーとは、主にドライバーショットでスライスショットが出てしまい、飛距離の出ない右へ飛んでしまうショット打つゴルファーのこと。

基本的に右へ飛んで行くショットを打つスライサーですが、たまに左へ大きくひっかけるショットが出る場合があります。

特にラウンド中に発生しやすいひっかけですが、スライサーの場合、ひっかけが出ると左右どちらに飛んで行くのかわからなくなるので、ゴルフにならなくなってしまいます。

ゴルフのラウンド中・練習中に発生したひっかけについては、以下の3つの点に注意してスイングしてみましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

1.ボールの置く位置が左すぎる(外側すぎる)

スライサーの場合、スライスを防ごうとしてボールを左(外側)に置こうとします。

スライスは、クラブフェースが開いてボールに当たることにより発生するため、ボールを左に置くことでフェースが返った状態でボールに当たるので、スライス解決策の一つになっています。

ですがそれは、ボールを内側(右側)に置き過ぎるゴルファーが適切な位置に修正することで解決するのであって、もともと適切な位置に置いているゴルファーがさらに左に置くとひっかけの原因となってしまいます。

ドライバーショットのボールの置く位置は「左かかとの延長線上」が基本です。

もちろん個人によって差はありますが、スライス・ひっかけが出てしまうゴルファーは、練習の時からボールを置く位置に注意して練習するようにしましょう。

2.バックスイングは縦ではなく後ろへ回す意識

ひっかけは、トップからのダウンスイングがアウトイン軌道の場合に発生します。そしてアウトイン軌道はスライサーの特徴的なスイング軌道でもあります。

アウトイン軌道のゴルファーを見ていると、ほとんどの人がバックスイングを縦に上げています。

そのような意識はないのかもしれませんが、アイアンのように縦に上がったバックスイング軌道のため、スイング軌道がインに回りきらずに、ダウンスイングでアウトイン軌道になってしまいます。

ひっかけが発生するときに意識するバックスイングは「後ろに回す」ことです。

腕だけで縦に上げてしまいがちなので、上半身全体で背中の後ろの方に回すイメージでバックスイングします。

バックスイングを修正することで、スイング軌道が「イン・アウト・イン軌道」となり、スライス・ひっかけが発生する原因となるスイング軌道が解消されます。
※イン・アウト・イン軌道:バックスイングでインからアウトに入り、インパクト後のフォロースルーでインに振り抜く理想的なスイング軌道

3.グリップを修正する

ひっかけが発生するゴルファーは、スライス発生を防ぐためにグリップが深めの人が多いです。
ストロンググリップが深すぎるため、インパクト時のフェースのかぶりがひどくなってしまい、結果としてひっかけが発生してしまいます。

ですので、ひっかけが発生してしまう場合は、グリップも見直してみてください。
[参考]ゴルフの基本はグリップから

ひっかけ発生の原因は、ほとんどがスイング自体が悪いわけではなく、他のミスショットを修正するために意識したことの副作用として発生することが多いです。

突然のひっかけが発生してゴルフにならない、という場合は、一度原点に立ち返り、ボールの置く位置やグリップといったスイング以前の点を見直してみてください。

管理人がよく利用するオンラインショップ

 - ひっかけの直し方, ミスショット改善方法


ページ上部へ