ゴルフスイング改善計画

スライス、フック、トップ、ダフリ、チョロ。100切りできないアベレージゴルファー向けのスイング改善サイトです。

突然発生するシャンクの原因と対策

最終更新日: 公開日:

shank

シャンクとは、主にアイアンショットで発生するミスショットで、大きく勢いよく真横に飛んでいくショットです。

アベレージゴルファーを悩ませる3大トラブル「ダフリ、チョロ、シャンク」
その中でもシャンクほどたちの悪いトラブルはありません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シャンクの恐怖

ダフリやチョロであれば、どんなに悪くてもボールがその場に留まるだけです。だいたいは少しは前に飛びますし、1打プラスとなりますがボールを打つ状況としてはそれほど悪くなりません。

また、ダフリやチョロであれば、ボールが少ししか動かないため、次の打ち直しのスイングでも躊躇することなく思い切りスイングすることができます。そのため、次の一打では上手く打てることも多いです。

ですが、シャンクは違います。

大きく勢い良く横に飛んで行くため、大体がOBとなります。良くてもラフや木々の間など打つ状況は悪くなり、1打プラス以上の影響が発生します。

また、シャンクは一度発生すると連続して発生する恐怖があります。
大きく勢い良く横に飛んで行くため、次の一打がとても躊躇してしまいます。特にショートホールのティーショットでシャンクが出た時には、とてもまともに打ち直すことができません。

このように3大トラブルのなかでも一番たちの悪いシャンク。
どうして本番ラウンドのコースで突然発生するのでしょうか?

シャンクの発生要因

シャンクの直接の原因は「フェースの根本が開いてボールに当たるから」です。

単にフェースが開くだけならスライスショットになるのですが、さらにフェースの根本付近にボールが当たるため、極端に真横に飛ぶショットになってしまいます。

フェースの根本にボールが当たる原因は以下が考えられます。

  • 横打ち
  • 右足体重で体が開く
  • ボールの位置が近い

上記のどれもスイングプレーンが崩れ、スイング軌道が普段よりも体の遠い位置を通るため、フェースの根本に当たりやすくなります。結果「フェースが開いて根本に当たる=シャンク」となるわけです。

では、なぜ本番ラウンドでシャンクが発生するのか?

本番コースのラウンドで突然発生してしまうのは、コースを回っているうちに体が疲れ、知らず知らずのうちに体の前傾姿勢が崩れたり、ボールを打つタイミングが速くなってしまい、右足体重のまま体を開くように打ってしまっているからです。

自分の気づかないところでスイングが崩れている。

これがシャンクが突然発生して、かつ自分ではすぐに直しにくい要因です。

ラウンド中のシャンク改善方法

ラウンド中にシャンクが発生しまった場合、プロゴルファーやシングルゴルファーでもない限り、そのラウンドでの根本的な解決は難しいです。トップやチョロと違い、そこがまた厄介な部分なのです。

ですが、そのままラウンド中にシャンクを連発するわけにはいきません。
ラウンド中の緊急対策となりますが、改善方法を説明します。

アドレスでボールを遠ざける

アドレスで少しだけボールを遠ざけましょう。

ラウンド中に崩れたスイングプレーンを直すのは容易ではありません。それが疲れによるものだとすると余計直しにくいものです。

ですので、苦肉の策としてスイングプレーンは体の遠くを通る軌道のままで、体をボールから遠ざけてちょうど良くフェースがあたるように調整します。

目安としては「アイアンのフェースの先端」にボールを置くといいでしょう。
それでもシャンクが出るときは、完全にクラブフェースの外側にボールを置きましょう。

フェースが開いたままでも、フェースの根本にさえ当たらなければシャンクにはなりませんので、ラウンド中ではかなり有効な対策になります。

完全に手打ちにしてしまう

体重移動や体全体の動きで打とうとせずに、完全に腕だけ振って打つようにしましょう。腕だけでアドレスに構えた位置にクラブを戻す感覚でクラブを振り抜きます。

シャンクが発生するときは、体重移動や体の動きが逆に悪影響となってしまいます。正しい動きができないため、どうしても体が開く動きになってしまうのです。そうなったときに体の動きを改善するのは容易ではありません。

ですので、逆に体の動きを完全に止めて、シャンクの原因となる動きをなくすことによって、ボールに当たる精度は増します。腕だけ振って体の正面でヘッドをボールに当てる意識で振り抜けば意外と真っ直ぐ飛ぶものです。

以上、本番コースで突然発生するシャンクの要因とラウンド中の改善方法を説明しました。今回の改善方法はラウンド中の緊急対策です

ラウンド終了後、なるべく近い日に練習場で

  • 前傾姿勢は崩れていないか?
  • 右足体重のままインパクトを迎えていないか?

を、ハーフスイングやゆっくり動くスイングで確認しながら改善しましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

よく読まれている関連記事



管理人がよく利用するオンラインショップ

 - ミスショット改善方法, シャンクの直し方


ページ上部へ