ゴルフスイング改善計画

スライス、フック、トップ、ダフリ、チョロ。100切りできないアベレージゴルファー向けのスイング改善サイトです。

ラウンドで突然乱れたときの3つの修正点

最終更新日: 公開日:

ゴルフ場でラウンドしていると、突然ショットが乱れる時があります。

シャンクが出たり、ひっかけたり、トップしたり。

それが1回だけではなく、連続して発生して、どんなに注意したりスイングを変えてみても全く直らなくなる場合があります。

こうなると、自分のスイングを完全に見失い、ミスショットがミスショットを招いてどんどんスコアを落としゴルフにならなくなってしまいます。

アベレージゴルファーによく見られる突然の大崩れ。

ラウンド中に修正するためには、細かいことをアレコレ考えすぎてはいけません。

ポイントを3点に絞り、それだけに注意してスイングすることが大切です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

1.スイングリズムを確認する

ショットが崩れたときは、スイングリズムが乱れることが多いです。

特に連続してミスショットを出さないように意識するあまり、スイングリズムが通常よりも速くなることがほとんどです。

スイングリズムは個人個人で異なり、速いゴルファーもいれば遅いゴルファーもいます。

ですが、その人なりのスイングリズムというのはいつも一定で、練習場などナイスショットを連発しているときはスイングリズムが安定しています。

ラウンド中にミスショットが連発したときは、実際のスイング前に素振りを必ず入れましょう。

そしていつもよりも「ゆっくりめ」を意識して大きく素振りしてください。

飛距離が出なくても構いません。全く前に飛ばないミスショットよりはマシです。

2.インパクトのときのクラブは体の正面

ゴルフはクラブを使ってボールを打つスポーツです。

極論を言えば、クラブフェースのスイートスポットに真っ直ぐ当たれば、ボールは真っ直ぐ飛びます。つまり、ミスショットしているときは、クラブフェースのスイートスポットに真っ直ぐ当たっていないということです。

クラブフェースに真っ直ぐボールを当てるためには、インパクトでクラブが体の正面に収まっている必要があります。

本来であれば、スイング中に細かい注意点がありますが、本番ラウンドでアレコレ考えるのは更なる混乱を招きます。

インパクトではクラブは体の正面。
場合によっては、クラブヘッドを意識して、フェースをボールに当てにいく打ち方でも構いません。

3.フィニッシュまで前傾姿勢をキープ

当ブログのスイング改善方法の最大のテーマ「フィニッシュ」です。

フィニッシュで前傾姿勢をキープした正しい姿勢であれば、必ずスイングの精度は上がります。逆を言えば、フィニッシュで前傾姿勢が崩れているとミスショットの確立も高まります。

フィニッシュはスイングの流れで自然にできるイメージではなく、フィニッシュの正しい姿勢に持っていく意識が必要です。

ですので、スイング前の素振りでは、必ず前傾姿勢を保ったフィニッシュの形を作ってください。

そこから逆戻しのようにスイングを戻し、トップの位置まで戻って素振りをしてください。

フィニッシュの形が正しければショットの精度は高まります。
特にミスショットが連発しているラウンド中では、フィニッシュに意識をおいて、正しいフィニッシュの形を作るイメージでスイングすることが大切です。

ラウンド中のスイング改善は上記の3つのポイントで十分です。

スイングリズムを戻し、大崩れしないようにしましょう。

管理人がよく利用するオンラインショップ

 - ミスショット改善方法, 本番ラウンド


ページ上部へ