ゴルフスイング改善計画

スライス、フック、トップ、ダフリ、チョロ。100切りできないアベレージゴルファー向けのスイング改善サイトです。

ゴルフはメンタルでスコアアップ!プラス1打の考え方

最終更新日: 公開日:

ike_01

ゴルフはメンタルのスポーツとよく言われます。

トッププロになればなるほど、メンタルの強さやコースマネジメントなど、スイングの上手さ以外の部分が求められるようになります。

メンタルというと、私たちアマチュアゴルファーには関係なさそうに思いますが、実はアマチュアゴルファーもメンタルがゴルフのスコアに大きく影響します。

それは、初心者でもアベレージゴルファーでも一緒です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

メンタルでスコアアップする方法とは?

メンタルの強さというと何をイメージしますか?

・ミスショットをしても動じない
・池やバンカーなど目の前がハザードも気にしない
・人が見ていても練習通りのスイングができる

といったところでしょうか。

確かに上記も重要で、スコアには影響することです。

ですが、上記のようなことに対して「動じない心」をつけるためには、相当の練習量と技術の進歩と経験が必要です。

なかなか練習時間がとれないアマチュアゴルファーにはちょっと時間のかかることですね。

でも、上記のような克服に時間のかかる内容じゃなくても、スコアアップに影響するメンタルの考え方があるんです。

それは「プラス1打の考え方」です。

プラス1打(マイパー)の考え方

プラス1打の考え方とはマイパーを設定するということです。

マイパーとはその名の通り、自分の中でのパーを決めること。

プラス1打とは、コースに設定してある各ホールのパーに1打プラスして、ボギーを自分の中でのパーに考えようというものです。

え?たったそれだけ?そんなことでスコアアップするの?と思うかもしれませんが、この考え方がスコアアップに大きく影響するんです!

みなさん、本番ラウンドで各ホールを回る時どのように考えていますか?

例えば380ヤードのパー4のホールがあったとしましょう。

ティーショットで考えることと言えば、

・ドライバーで230ヤード飛んだとしても残り150ヤード
・パーオン(第2打でグリーンオン)するためには150ヤード切りたい
・そのためにはドライバーで230ヤードは飛ばしたい

と、いったところでしょうか。

このときの結果はどうなるか?

大抵のアマチュアゴルファーは230ヤードも飛ばないか、OB・ラフ・チョロといったミスショットで話にならない・・・という結果になってしまいます。

そう、パーオンを頭で設定すると「第2打をできるだけ短くしたい→ドライバーで飛ばしてフェアウェイキープしたい」となり、実力以上のことを求めて、結果、ミスショットの確率を高めてしまうわけです。

380ヤードのパー4がパー5になったら?

ここで、プラス1打の考え方です。

380ヤードのパー4がパー5になったら、かなり簡単な気がしませんか?

ドライバーで180ヤードしか飛ばなくたって、残り200ヤード。ピッチングウェッジ(PW)2回で刻んでもパーオンです。

こう考えるとゴルフがかなり楽になります。

380ヤードのパー4のホールで

「ここは380ヤードのパー5!パー5」と自分に思い込ませてラウンドに臨んでください。

パー3のショートホールでも一緒です。

180ヤードの以上のパー3のホールは、長くてとてもパーは無理・・・とティーグラウンドの時点で諦めていませんか?

それが180ヤードのパー4だったらどうでしょう?めちゃくちゃ簡単じゃないですか?

18ホール全部この考え方でいっても、72+18=90で回れます。90でラウンドを回ることができれば、アベレージゴルファーにとっては上出来ですよね?

プラス1打の考え方の場合、実際の攻め方もプラス1打にしてください。

380ヤードのパー5で、ドライバーで180ヤード飛んだら、残り200ヤードはショートアイアン2回で攻めましょう。

残り200ヤードをフェアウェイウッドやユーティリティで攻めてはいけません。8番アイアン以下のショートアイアンで確実にパーオン(この場合は第3打)で攻めましょう。

バーディーは取りにくいゴルフになりますが、パーを取れるゴルフに変わります。

ゴルフはいかにミスショットを少なくするかを突き詰めるスポーツです。

なかなかスコアアップできない方は、ぜひ一度でいいから「プラス1打の考え方」を本番ラウンドで採用してみてください。

メンタルを変えるだけで、驚くほど簡単にスコアアップできるときがあります。

それが、ゴルフというスポーツです。

管理人がよく利用するオンラインショップ

 - 本番ラウンド


ページ上部へ