ゴルフスイング改善計画

スライス、フック、トップ、ダフリ、チョロ。100切りできないアベレージゴルファー向けのスイング改善サイトです。

アザスゴルフ(Azas Golf) ドライバットで大きなスイングを身につける

最終更新日: 公開日:

私は、ゴルフの練習で「練習用のゴルフグッズ」をいくつかつかっているのですが、今回ご紹介する「アザス ゴルフ(Azas Golf) ドライバット」もそのうちのひとつ。

キャディバッグにいつも入れていて、練習場でのスイング確認と本番ラウンドでドライバーを打つ前に素振りしたりしています。

  • 大きなスイングを身につける
  • スイングリズムを身につける

この2つの練習にかなり効果的な練習グッズです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

素振りの練習で使用するゴルフグッズ

azasgolf_01

アザス ゴルフ(Azas Golf) ドライバット」は、素振りの練習で使用するゴルフグッズで、実際にボールを打つ練習グッズではありません。

大きなスイングアークが身につく

木製のバットで、長さは一般的なドライバーと同じ45インチ。重心もドライバーと同じような位置にありますが、重さが約600gとドライバーよりも1.5倍くらいの重量です。グリップはドライバーと同様の太さのグリップで、普通にドライバーを振るような感覚でスイングの練習をします。

重さがあるため、体全体、特に下半身の力を利用しないとスイングできません。

腕の力だけで動かすようなことができないため、自然と体幹を使ったスイングとなり、以前の記事で紹介した「両手に持った少し重くて大きいボールを投げるイメージ」のスイングとなります。
参考:アドレスで構えてから始動するときに意識すること

大きくゆっくり素振りすることにより、自然と理想のスイングプレーンに納まるため、練習場での練習の前後、ドライバーで大きく打つ前などのスイング確認にも最適です。

スイングのリズムが身につく

アザスゴルフバットは、通常のドライバーの1.5倍の重さがあります。

軽いものだと小手先の力で振ることができるので、スイングリズムが無くても振れてしまいますが、重いものはリズムが無いとキレイに振ることができません。

つまり、バットに重さがあるために、自然と「イチ、二の~、サン!」というリズムで打てるようになります。

スイングプレーンの安定にスイングリズムは必須なので、アザスゴルフバットで毎回素振りをすることで自然なスイングリズムが身につきます。

本番のコースでも持って行って使える

長さがドライバー並み、太さも普通のバットに比べると細いので、普通のキャディバックなら十分に入る大きさです。

キャディバックに入るということは、本番のコースにも持っていくことができるので、ショットの前、特にティーグラウンドでのドライバーショットの前に、素振りをしてスイングチェックができます。

その日のラウンド初ショットとなる「朝イチのドライバーショット」
多くのアマチュアゴルファーが苦手とするところですよね。私も大の苦手。

朝イチで体が動かず、スイングの感覚も慣れてない状態。しかも後続のグループが見守る状況で緊張した中でのショットはなかなか思うように、練習場のとおりに打てるものではありません。

そんな時にアザスゴルフバットで、大きくゆっくり素振りをすると、体の無駄な力が抜け軽い気持ちでアドレスに入ることができます。

また、重さのあるバットを振ることで、実際に打つドライバーが軽く感じ、それほど力まずスイングすることができるので、結果として精度の高いナイスショットを打つことができます。ラウンドのファーストショットが上手く打てると、それだけで気分のいいものですよね。

打ちっ放しでの練習前、本番ラウンドでのティーショットの前、ぜひアザスゴルフバットで素振りをしてみてください。

それだけで、スイングがかなり安定してきますよ。

azasgolf_01

アザス ゴルフ(Azas Golf) ドライバットの注文ページはコチラ

 

よく読まれている関連記事



管理人がよく利用するオンラインショップ

 - おすすめゴルフグッズ, 練習用具


ページ上部へ