ゴルフスイング改善計画

スライス、フック、トップ、ダフリ、チョロ。100切りできないアベレージゴルファー向けのスイング改善サイトです。

2017年つかまるドライバーおすすめ3選をご紹介

公開日:

つかまるドライバーショットは、アマチュアゴルファーにとって永遠の課題です。と同時に、スコアアップを目指すなら、つかまるドライバーショットはどうしても身につけなければなりません。

ボールを擦るスライスショットは大きくOBする可能性があるし、何より飛距離がでません。飛距離がでないということは2打目が難しくなるということです。

今回は、つかまるドライバーショットを打つためのおさらいと、つかまりを重視したおすすめのドライバー3本をご紹介します。

つかまるドライバーショットの練習

擦るようなスライスショットの原因は

  • インパクトでの体の開き
  • インパクトでのフェースの開き
  • インパクトでの右足体重
  • ヘッドが走りにくいスイング

です。

大事なのはインパクトですが、インパクトを修正するためには、スイングの一連の流れを修正する必要があります。

正しい体重移動

ミスショットの原因のほとんどが右足体重のスイングです。つまり正しい体重移動ができないことがミスショットを誘発しています。

ドライバーのスライスショットも右足体重のままではいつまで経っても直りません。

正しい体重移動の練習方法については以下のページで詳しくご紹介しています。まずは練習場で正しい体重移動を意識的に練習してください。地道な練習ですが、ドライバーショットだけでなく、ゴルフスイング全般において重要なことです。

ゴルフにおける体重移動の練習方法

フィニッシュは左に振り抜く

ゴルフのスイング軌道は、打ち出す方向に直線的なスイングではありません。まるく弧を描くスイング軌道が理想的です。特にシャフトの長いドライバーは弧を描くスイングになります。

まるい弧を描くスイングをするためには、フィニッシュを意識します。フィニッシュを打ち出し方向ではなく、左側に打ち出すことを意識してスイングします。

ダウンスイングから左に振り抜くことを意識するだけで、綺麗な弧を描くようにスイングできて、自然とヘッドが返りボールがつかまるようになります。

右手の親指と人差し指は握らない

スライスショットが出たりミスショットが出るときは、大体右手が悪さをしています。ほとんどの人にとって右手は利き手になるので、意識しなくても力が入っていたり右手で調節しようと体が動きます。

右手の力みはスイングプレーンを乱すし、再現性の高いスイングの弊害になります。スライスショットも右手の力みがあります。

右手の力みを無くすためには、右手の親指と人差し指を握らないスイングが有効です。

基本的には練習でやる内容ですが、本番でスライスショットが出たりダフリが出てしまう場合は、思い切って本番でも親指と人差し指を外してみましょう。力みが入らずつかまるショットが打てるようになるはずです。

スイング前に重い棒で素振りをする

ドライバーだけを振っていると、軽いドライバーでさえ重く感じることがありませんか?ドライバーが重く感じる状態では、どんなに頑張ってもグッドショットは打てません。

対策としては、ドライバーショットの前に重い棒で2,3回素振りをすることです。実際のスイングではドライバーが軽く感じられて、自然と左に振り抜くショットが打てるようになるはずです。

重い棒といいましたが、おすすめは「アザスゴルフのドライバット」です。

ゴルフの素振り用のバットで、グリップはゴルフのグリップになっています。

これを本番ラウンドでも持参して、ドライバーショットの前に軽く素振りしてみてください。ドライバーショットが簡単になりますよ。

アザスゴルフ(Azas Golf) ドライバットで大きなスイングを身につける

つかまるドライバーおすすめ3選

さて、ここまでつかまるドライバーショットの練習方法をご紹介しましたが、ドライバーの中にもつかまりやすいドライバー、つかまりにくいドライバーがあります。

もともとスライスショットで悩んでいる人は、つかまりやすいドライバーを選んだ方がいいでしょう。最新のおすすめ3選をご紹介します。

ブリヂストン「JGR」

重心角が大きく、ブリヂストンの中でもつかまりやすさを重視したドライバー。

speeDARC+POWER SLITでの高初速化によって、ボールの大きな飛びを実現して、JGR独自のPOWER MILLINGでスピン量を最適化。今流行の高い弾道でどこまでも伸びるドライバーショットを実現します。

適度につかまるドローショットは、一度打つとやみつきになる飛距離です。

ブリヂストン「JGR」のネット最安値を見てみる

キャロウェイ「ビッグバーサ」

元祖つかまり重視のドライバーといえば、キャロウェイのビッグバーサシリーズ。重心角と重心深度によって、より簡単により飛距離の出るドライバーを実現しています。

シニア向けとのコンセプトですが、スライスショットに悩む人なら誰でも扱えるドライバー。特にヘッドスピードのあまり出ない人にはおすすめの1本です。

キャロウェイ「ビッグバーサ」のネット最安値を見てみる

グローレF2

広く深くなった貫通型スピードポケットとCGウェイト位置最適化によって、スイートエリアを大きくとってミスショットに強いドライバーです。

特に、新重心設計の採用により重心アングルを大きくした影響で、構えやすくつまりやすいドライバーとして気持ちのよい飛びを実現しています。

グローレF2のネット最安値を見てみる

つかまり重視のおすすめドライバーのまとめ

今回は、つかまるドライバーショットの練習と、つかまり重視のおすすめドライバーをご紹介しました。

ご紹介したドライバーなら、どのドライバーでも簡単につかまって飛距離のでる力強いショットが打てるようになるはずです。3本の中なら違いはそれほどないので、あとは好みのメーカーや見た目で選んでもいいでしょう。

ゴルフのスコアアップのためには、つかまるドライバーショットは必須です。

つかまるショットで飛距離が出ると、スライスしてOBになることもないし、2打目3打目が簡単になってゴルフがかなり楽になります。

ドライバーを変えて練習でちょっと意識するだけで、つかまるショットは打てるようになりますよ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

よく読まれている関連記事



管理人がよく利用するオンラインショップ

 - おすすめゴルフグッズ, ドライバー


ページ上部へ