ゴルフスイング改善計画

スライス、フック、トップ、ダフリ、チョロ。100切りできないアベレージゴルファー向けのスイング改善サイトです。

自分の手に合うクラブグリップの見つけ方

最終更新日: 公開日:

grip_01

ゴルフを何年かやっていると、自分のクラブのグリップが気になる時期がきます。

単純にグリップがヘタってきて、ツルツル滑るようになるので替えたくなることもあれば、自分の実力的に最適な形、太さがあるんじゃないかとこだわるようになることもあります。

どちらの場合でも、クラブグリップの太さと形状って気になりませんか?

自分に合うグリップなら、ひょっとしたら正確なショットが打てるかもしれない。スコアが良くなるかもしれない。

もしそうだとしたら、自分に合うグリップの太さと形状にしたいと思いませんか?

今回は、ゴルフクラブのグリップの選び方についてご紹介します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

基本は楕円で細いグリップから

ゴルフクラブのグリップには

・太い、細い
・円形、楕円形

と大きく2種類の選択があります。

クラブグリップの基本は、今より細く楕円形です。

まず形状については、ほとんどのクラブが楕円形です。

クラブを握って構えたときに、無意識にグリップが真下に向くように計算された形状です。

グリップの形状は好みなのですが、特別な理由がない限り楕円の方が構えやすく振りやすいです。

次に太さ。

実はグリップに違和感を覚えるときは、大抵がグリップが太すぎるときです。

・握って違和感がある
・なんとなく振りにくい
・スッポ抜ける感じがする
・右に外すミスが多い

このようなときは、グリップが太くて握りきれていない(インパクトで力が正確に伝わっていない)場合です。

ゴルフは、グリップをぎゅ~~~っと握って振るスポーツではありません。

多少の太い細いは問題なく触れるのですが、影響があるのがインパクトのときです。

インパクトのとき、ボールを捉えるため一瞬グリップを握る手にも力が入りますが、このときグリップが太くて力が正確に伝わらないと、スッポ抜ける感じがしたり右に外すミスが多くなります。

スライスもしてない、向いてる方向も真っ直ぐなのに右へのミスが多い場合は、グリップの太さを疑ってみてください。

逆に、左へのひっかけが多い場合は、グリップが細すぎる場合があります。

ただ、ほとんどの場合、年とともに握力が低下して、グリップが太すぎる傾向になるので、自分で「細い!」と感じないかぎり、グリップは細くした方が無難でしょう。

グリップを替えるのはショートアイアンの1本のみ

グリップの太さや形状を替えるときは、いきなり全部のクラブを替えてはいけません。

それだと今までのクラブとの比較ができなくなってしまいます。

グリップの太さや形状を替えるときは、まずショートアイアン(7番、8番、9番)のどれか1本だけ替えてください。

グリップの変化が一番現れるのがショートアイアンのコントロールショットです。

ミドルアイアンやドライバー、またショートアイアンでもフルショットの場合は、それほどグリップの影響は出てきません。

クラブが長くなれば、そもそもナイスショット打つのが難しくなるし、方向性をアジャストするのも相当な技術が必要です。

100ヤードから140ヤードくらいまでのコントロールショットこそ、クラブのグリップの差がでます。

そのため、まずは8番アイアンのグリップを替えて、

・ハーフスイング
・フリークォータースイング
・フルスイング

と試してみて、グリップのフィット感を確かめてみましょう。

8番アイアンでショットを見て、ミスが少なくなったりグリップに違和感を感じなければ、それが現時点で自分の手に合うグリップです。他のクラブのグリップも替えましょう!

ゴルフは細かい部分の微調整が重要なスポーツ

クラブグリップを替えたからといって、激的にゴルフが上手くなるわけじゃありません。

ゴルフは細かい部分の微調整や練習の積み重ねで少しずつ上手くなっていきます。

グリップだけを見れば微々たる違いかもしれませんが、その微々たる違いが他の部分でも積み重なって大きく上達します。

劣化してツルツルになったグリップだったり、太さが合わないグリップだと、実力がフルに発揮できません。

ぜひ、今回ご紹介した方法で自分に合うグリップを選んでみてください。

値段もそれほどかからないし、自分のお気に入りのカラーグリップにすれば、ゴルフのテンションも上がりますよ!

管理人がよく利用するオンラインショップ

 - おすすめゴルフグッズ, その他のグッズ


ページ上部へ