ゴルフスイング改善計画

スライス、フック、トップ、ダフリ、チョロ。100切りできないアベレージゴルファー向けのスイング改善サイトです。

アイアンショットは打ち込むのか?払うのか?

最終更新日: 公開日:

iron_shot_02

ゴルフをやっている方であれば、アイアンショットの打ち方について「打ち込む」というキーワードと「払って打つ(払い打ち)」というキーワードを聞いたことがあると思います。

一昔前のおっちゃんゴルファーやベテランシングルゴルファーの方は「アイアンはとにかく上から打ち込め」と言う方が多いです。

逆に、今の若いプロゴルファー、特に女子プロゴルファーは、アイアンショットでもボールをクリーンに捕らえる「払い打ち」をしているゴルファーも多いです。

では、アイアンショットはどちらの打ち方がよいでのしょうか?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

打ち込むと払い打ち

まずは2つの打ち方の違いを確認します。

打ち込む打ち方

打ち込む打ち方というのは、ダウンスイングからインパクトにおいて、スイングプレーンをできるだけ鋭角にして、ボールの先(左側)で最下点を迎える打ち方です。

打ち込み

上記のとおりボールの先で最下点となるため、いわゆる「ターフ(芝)を取るスイング」になるのです。

プロゴルファーのアイアンショットを見ると、ターフ(芝)が大きく削り取られる映像が見られますよね。あれはボールの先のターフを取っているのです。ボールの手前のターフが削れるのはただの「ダフリ」ですよ。

打ち込むアイアンショットのメリットは、ボールの操作性(コントロール)です。

強烈なバックスピンがかかるため空中で風邪の抵抗を受けにくく打球が安定します。落ちた時も「ピタッ!」と止まるので、あそこにピンポイントで落としたいという時に有効なショットです。

払い打ち

払い打ちは打ち込みとは逆に、ダウンスイングからインパクトにおいて、スイングプレーンをできるだけ鈍角にして(地面と平行になるように)、ボールの真下で最下点を迎える打ち方です。

払い打ち

ボールをクリーンにインパクトするので、ボールの先のターフも削れることはありません。

払い打ちのアイアンショットのメリットは、ショットの精度の向上です。

ボールを点ではなく線で捉えやすいので、ミート率が格段にアップします。芯を食う番手通りのショットが打ちやすいので、払い打ちを多用するプロも多いです。

ターフを取る「打ち込むアイアンショット」の打ち方はコチラ

簡単なのは払い打つショット

前述のとおり、スイングとして簡単なのは払い打つアイアンショットです。

ひと昔前のゴルフクラブは、クラブのソールも狭く性能も今より劣っていたため、ボールに鋭角に入るスイングプレーンで、ターフを削るショットを打たないとスピンの効いた力強いショットが打てなかったので、打ち込むしかなかったのです。

今現在のゴルフクラブは、ソールも広く、性能も常に進化していますので、クリーンに払い打ってもスピンの効いたショットが打てるようになりました。

そのため、アマチュアゴルファーも「どちらがいいか?」と言われれば、払い打つアイアンショットを極めた方が短期間でゴルフは上達します。

打ち込みと払い打ちは状況によって打ち分ける

では、打ち込むショットがいらないのか?言われると、そうではありません。

打ち込みと払い打ちは状況によって使い分けるのがベストです。

払い打つショットが選択できるのは、ライの良い場所だけです。
ライの悪い場所やラフなどではボールを打つ前に芝にヘッドを取られ、ミスショットとなってしまうため打ち込むショットが必要となります。

また、ウェッジでのアプローチショットなど、グリーンの真上からボールを落としてピタッと止めたい場合は、打ち込むショットでないと実現できません。

上記のように、打ち込みと払い打ちはどちらが正解というのもではなく、状況によって使い分けるのが理想です。

ただし、どちらも完璧にマスターするのには時間がかかるので、アベレージゴルファーは、まずは払い打つアイアンショットを正確に打てるように練習しましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

よく読まれている関連記事



管理人がよく利用するオンラインショップ

 - アイアンの打ち方


ページ上部へ