ゴルフスイング改善計画

スライス、フック、トップ、ダフリ、チョロ。100切りできないアベレージゴルファー向けのスイング改善サイトです。

アプローチはスイングの大きさで調節!そのときの注意点とは?

最終更新日: 公開日:

swing_ap

アプローチの距離調節って難しいですよね?

100ヤード以上のアイアンショットならクラブの番手で距離は調節できます。例えば7番でフルショットなら140ヤード、8番なら130ヤードとフルショットしたときの距離が目安になるので、距離が計りやすいです。ちゃんと当たるかどうかは別として・・・(^_^;)

でも、100ヤード以下、特に30ヤードから70ヤードくらいの距離は一番難しい。クラブとしては大体PW、AW、SWで打つことになりますが、力を加減して打たなければならないので、その調節が難しい。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

距離感はスイングの大きさで調節する

シングルゴルファーなどアマチュアゴルファーでも上手い人はアプローチも上手いです。長年の経験で「このくらいの力加減でこのくらい飛ぶ」というのが体で覚えています。

同じスイングの振り幅でも、スイングのスピードやインパクトのときの力加減で上手に調節する人が多いですね。

でも本当は、アプローチの距離感はスイングの振り幅で調節するのが一番簡単です。

シングルゴルファーのように、スイング自体のスピードやインパクトで調節することもできます。ですが、それで距離感が調節できるようになるためには、相当の練習量と時間が必要です。青木功プロのような天性の才能があればいいかもしれませんが、あまり効率的な方法ではありません。

アベレージゴルファーや初心者ゴルファーがアプローチ上達を目指すのなら、スイングの振り幅で距離感を調節することです。もちろん振り幅で調節しようとしてもすぐに上手くいくわけではありません。振り幅で調節する利点は再現性が高いところです。

振り幅で調節するスイングは再現性が高い

ゴルフのスイングで一番再現性の高い方法は以下の3点です。

・手や腕ではなく体全体を使ったスイング
・スイングスピードは一定
・振り幅で距離を調節

打ちっぱなしの練習場で練習するとき。アプローチウェッジでアプローチを練習した場合、腰から腰までの振り幅なら30ヤード、7割の振り幅なら50ヤード、9割以上の振り幅なら90ヤード、など振り幅で調節する距離を覚えておきます。

ラウンド本番で振り幅で再現すれば、芯に当たる正確なショットがでれば距離感は間違いがありません。これをスイングスピードやインパクトの力加減で調節しようとすると、いくら芯に当たるナイスショットだとしても、距離感はバラバラになってしまいます。

つまり、芯に当たる正確なショットが打てた時、確実に距離を調節できるのがスイングの振り幅で調節したスイングなのです。

僕自身、スイングの振り幅で距離感を調節するようにしてから、劇的にアプローチが上達しました。まだまだ練習中の身ではありますが、80台ゴルファーになれたのも、アプローチの距離感がある程度でるようになったからです。

振り幅で調節するアプローチの注意点

スイングの振り幅で調節するときに注意点があります。それはスイング軌道が乱れること。

最近、アイアンのスイングでよく聞かれるキーワードとして「フェースを返さない」というのがあります。できるだけフェースのローテーションを少なくしてショットを安定させること。フェースが常に前を向いていればクラブのスイートスポットにも当てやすくなるからです。

この言葉だけが広まって間違ったスイングをしているアマチュアゴルファーが多いです。

返さないのはフェースだけ。スイング軌道まで真っ直ぐ打ち出すのはNGです。

どうしてもフェースを返さないようにする意識が強く、インパクト後のスイング軌道も前に打ち出すような軌道になってしまいます。その状態だと間違いなく右に打ち出してしまいます。ひどい場合はシャンクとなり、無理やり修正しようとするとザックリになります。

どんなショットでもスイング軌道は「イン・アウト・イン」です。

ダウンスイングからインパクトまではインからアウト。インパクトからフィニッシュまではアウトからインです。これが振り幅が小さくなると「イン・アウト・真っ直ぐ」になってしまうアマチュアゴルファーが多い。

アプローチでも必ずインサイドに振り抜く意識は忘れないで下さい。

インパクトの後からインサイドに振り抜くことで、スイング軌道も安定してミスショットも少なくなります。ミスショットが少なくなるということは、アプローチで理想の距離感が出しやすいということです。

管理人がよく利用するオンラインショップ

 - アプローチの打ち方, ゴルフクラブの打ち方


ページ上部へ