ゴルフスイング改善計画

スライス、フック、トップ、ダフリ、チョロ。100切りできないアベレージゴルファー向けのスイング改善サイトです。

ティボットにあるボールの打ち方

最終更新日: 公開日:

tibotto_01

ティボットにあるボールやバンカーの目玉のボール。

プロゴルファーでも嫌がるボールですから、アマチュアゴルファーがそう簡単に打てるわけがありません。シングルゴルファーでもティボットやバンカーの目玉のボールを確実に打つのは至難の業です。

これがアベレージゴルファーになるともっと難しい・・・かと言われるとそうではありません。なぜなら条件の良いフェアウェイのボールでさえミスすることが多く、まともに打てないという点では、条件が良くても悪くてもそれほど変わらないからです(笑)

だからと言って初めから諦めていてはゴルフの上達はありません。

実際のゴルフ場のラウンドでは、条件の良い所から打てる機会の方が少なく、条件の悪いところ場所からでもいかにミスショットのブレ幅を少なくするかがゴルフ上達のカギになるからです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ティボットのボールがいかに難しいを理解する

個人的に、ティボットにハマったボールを打つことは、ゴルフの中でNo.3に入る難しさです。少なくともつま先上がりのショットやつま先下がりのショットなどよりも明らかに難しく感じます。

ゴルフは、芝の上にあるボールを打つスポーツです。

fairway_ball

芝の上に乗っているような状態なので、フェアウェイウッドやアイアンを滑らすように打つ「払い打ち」でもクリーンヒットするし、アイアンで鋭角に打ち込むショットもできます。

ですが、ティボットに入ったボールはそう簡単にはいきません。

tibotto_ball

手前の芝から滑らせて払い打ちをした時点で、確実にトップのミスショットになります。

図を見れば一目瞭然ですが、払い打ちではボールの上半分しか叩くことができず、必ずトップになります。アベレージゴルファーの場合だと、もっと酷いチョロが連発するでしょう。

また、ボールの下が地面なので、ボールの下にクラブが入りにくいといった難しさもあります。芝の下の柔らかい地面がえぐれていて、さらに硬い地面の上にボールがある状態なので、クラブが正常な角度で入るのが物理的に難しい状態だからです。

上記のように、トップやチョロといったミスショットの確立が高く、難易度の高い状態がティボットにあるボールの特徴です。

ティボットのボールはどのように打つのか?

では、ティボットにハマったボールはどのように打つのでしょうか?

結論から言うと、「ボールの際から正確に強く上から打ち込むショット」がティボットにあるボールの正しい打ち方です。

説明するのは簡単ですが、実際に打つとなると非常に難しいショットになります。

まず、使うクラブはアイアンが必須です。ソールの幅があるユーティリティやフェアウェイウッドでは絶対に打てません。

ボールの際(上からみると右端)からリーディングエッジ(フェースの最も下の刃の部分)が入るように正確に打ち込みます。少しでも手前を叩いたりすると、ザックリといったミスショットにつながります。

また、地面の硬さに負けない力強さも必要です。普通の芝の上では大丈夫でも、硬い地面の上ではクラブフェースが地面の中に潜り込まないので、硬さに負けない力が必要となります。このとき「力を入れる」ことを意識して、手だけで力を込めようとすると、途端にショットの精度が落ちるので注意が必要です。

ティボットのボールを打ち込むときは、手に力をいれるのではなく、体全体で打ち込むイメージ、特に膝をグッと入れるイメージで打つと自然と力強いショットが打てるようになります。

ティボットのボールは

・アイアンで打ち込むショット
・ボールの際から打ち込む
・膝をグッといれるイメージで力を入れる(手先だけではダメ)

上記を意識してスイングすることが大切です。

練習場の練習では、打ち込んでフォロースルーをそれほど大きくとらない「パンチショット」が有効な練習だと思います。

練習場のマットの上でパンチショットすると「ガコン!」と少し大きな音がしてびっくりするのですが、上から打ち込みフォロースルーをとらないパンチショットを打って、ボールが低く打ち出せればOKです。

但し、ボールは低い弾道でも、トップやチョロのときのような感触が残るようでは本番ラウンドではミスショットになってしまいます。手に残る感触は普通のショットで、弾道の低いパンチショットが打てるように練習しましょう。

それができれば、ティボットにはまったボールでもトップやチョロといった大きなミスショットに繋がることなく、正確なショットが打てるようになります。

実際に再現するのは難しいショットですが、知らずに打つのと知っていて打つのではその後の上達が全然違いますので、結果は気にせず意識してスイングしてみることが大事です。

管理人がよく利用するオンラインショップ

 - ゴルフクラブの打ち方, ティボットからの打ち方


ページ上部へ