ゴルフスイング改善計画

スライス、フック、トップ、ダフリ、チョロ。100切りできないアベレージゴルファー向けのスイング改善サイトです。

【雨の日のゴルフ対策】ゴルフグッズやプレーの注意点

最終更新日: 公開日:

雨の日のゴルフは正直テンションが下がりますよね。

ミスショットしても晴れてる日より何となくテンションが下がるし、雨というだけで良いスコアは無理かな、と始まる前から諦めかけてしまいます。

友人同士ならキャンセルもありです。昔と違って今は当日にキャンセルしてもキャンセル料をとられることは少ないですからね。

ですが、コンペや上司とのラウンドではキャンセルするわけにはいきませんよね。ゴルフは雷がならない限り雨でも実施されるスポーツだから。

今日は、そんな憂鬱になる雨の日のゴルフを少しでも快適にプレイするための注意点をまとめたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

雨の日のゴルフグッズ

雨の日(雨天時)に必要なゴルフグッズをご紹介します。
それぞれ基本的なものですが、その中でも気をつけたい注意点があるので確認してみてください。

レインウェア(カッパ)

まずは雨の日のゴルフに必須の「レインウェア(カッパ)」

雨の日はレインウェア(カッパ)を着てラウンドすると思いますが、是非ゴルフ用のレインウェアを使用してください。そしてゴルフ用のレインウェアを購入するときは、お金をケチらずに、ぜひ値段の高い機能性の良い高めのレインウェアを購入してください。

レインウェアの良し悪しで、雨の日のゴルフ中の快適さが全く違います。

ゴルフ用の機能性が良いものはゴルフ中の体の動きが考えられていて、スイングしても歩いても隙間ができて濡れたりすることがありません。スイングの邪魔にもなりません。

また、撥水性と通気性に優れているので、外側はしっかり雨を弾いてくれて、内側は汗で蒸れることが全くありません。雨で濡れるのも嫌ですが、服の内側が蒸れるのも不快ですからね。

僕がゴルフを始めた頃、雨の日に普通のレインウェア(それでも3,000円くらいしたと思います)を着て行ったのですが、動いた隙間から雨で濡れるし汗で蒸れるしで散々でした。

その後、ルコックゴルフのレインウェア(約2万円)を購入しました。ちょっとお高めでしたが、濡れることも蒸れることもなく、5年以上経過した今でも全く問題なく使用しています。

頻繁に使うものではないけど、いざ使う時にストレスなくゴルフをプレーするために、いいレインウェアをおすすめしますよ。

レインキャップ

雨の日に用意したいのがレインキャップ。

晴れの日のゴルフで帽子をかぶらない人も、サンバイザー派の人も、雨の日はレインキャップをかぶるようにしましょう。

レインキャップをかぶる目的は2つあります。

雨から頭や髪の毛を守る

まずは単純に雨から頭を守ったり髪の毛が濡れるのを防ぐこと。

雨で髪の毛が濡れることはそれだけでストレスになるし、頭から顔に水が流れてくるとプレー中の集中力もなくなってしまいます。

体温などの温度調節は頭から抜けていくので、風邪をひかないためにも、秋や冬など寒いときはなるべく頭が濡れないようにしましょう。

顔や目を雨から守る

普段の生活で雨が降ってきたときにストレスを感じるのってどういうときですか?

頭が濡れるというよりも、顔や目に雨が当たることの方が嫌じゃないですか?

雨のときにストレスを感じるのは、雨が顔や目に当たることです。それを防ぐ目的でかぶるのがツバ付きのレインキャップになります。

レイン用のゴルフキャップは撥水性に優れていて、ツバも少し長めに設計されています。ストレス無く集中してプレーするためにも、ツバ付きのゴルフキャップは必須ですよ。

全天候型のゴルフグローブ

ゴルフグローブはスコアを大きく左右するアイテムです。

雨の日の濡れたグローブは、当然ですがグリップ力が下がります。特に合皮ではなく天然皮の場合、スイング中やインパクトの瞬間にグリップがズレて大きなミスショットを誘発します。

1度でも雨の日のゴルフを経験した方ならわかると思いますが、「何となくクラブが滑る」とか「何となくミスショットが多い」と感じたことがあるでしょう。

それは足場が滑るとかボールとクラブに水が付いている以上に、グリップが滑っているからです。グリップが滑っている自覚がなくても、インパクトの瞬間に実は滑っていてミスショットが多くなってます。

雨の日のゴルフでは、必ず「全天候型のゴルフグローブ」を着けて、最低でもインとアウトで交換するようにしましょう。理想は4,5ホールに1度替えることです。

僕は練習で使って古くなったグローブをとっておいて、雨の日は細かく交換するようにしてます。それほど濡れて水分を含んだゴルフグローブはスコアに影響するからです。

雨の日のゴルフの注意点

雨の日に必要なグッズを紹介したので、ここからは雨の日のゴルフの注意点です。どれもスコアに大きく影響する部分なので、面倒でも気をつけてみてください。

ドライバーとパターは拭いてから打つ

本当は全てのクラブにおいてクラブフェースを拭いてから打った方がいいのですが、アベレージゴルファーのアイアンショットの場面では、拭いている余裕がない状況が多いと思います。

ですので、せめてゆっくり準備のできるドライバーとパターの時は、クラブフェースとボールを拭いてからボールを打ってください。

クラブフェースとボールについた水滴はミスショットを誘発します。全てを拭くことはできませんが、ちょっと気を遣うだけでミスショットを減らすことができます。

そのためにハンドタオルなどをレインウェアのポケットに入れておくと便利です。

スイングはコンパクトに振る

いつものスイングよりも7割程度の力でスイングすることを心がけてください。

雨の日は足場も悪いしボールがある状況も悪いことが多いです。フルスイングすると足場の微妙なブレがミスショットにつながります。また、確実にインパクトしないと飛距離も極端にロスします。

雨の日は7割スイングで足元がブレない確実性の高いショットが必要です。

そのためにも練習場で7割スイングを練習しておくことは重要です。

アベレージゴルファーに「力を抜いたスイング。7割スイング」というと、いきなりショットが乱れます。多くは力を抜いて手打ちになったり、バックスイングが小さくなることでスイングリズムが速くなってしまうことが原因です。

そのような2次的ミスショットをしないためにも、普段の練習から7割スイング(ハーフスイング)の練習をしておきましょう。

参考:ゴルフ練習場(打ちっ放し)での練習内容をご紹介

クラブの番手を上げて打つ

雨の日のゴルフは、雨の抵抗でボールの飛距離も落ちます。いつもよりクラブの番手を上げて打つようにしましょう。

僕は小雨~普通の雨なら1番手、土砂降りのような大雨なら2番手くらい上げて打ちます。もちろんロングアイアンになるほどショットの正確性が落ちるので、そういうときは諦めます。

例えば、土砂降りのときに残り140ヤードなら6番アイアンで打ちます。それでも目標に届かなかったら仕方ありません。ミスショットよりも真っ直ぐ目標周辺に落すことを優先させます。

雨の日だからなるべく良いスコアのゴルフ

以上、雨の日のゴルフグッズと注意点をまとめました。

雨の日はただでさえテンションが下がります。頑張って雨の中ゴルフをしてスコアも悪かったら最悪です。

せめて雨の日の準備をしっかりして、狙い通りのゴルフができるように心がけましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

よく読まれている関連記事



管理人がよく利用するオンラインショップ

 - 季節・天候の対策


ページ上部へ