ゴルフスイング改善計画

スライス、フック、トップ、ダフリ、チョロ。100切りできないアベレージゴルファー向けのスイング改善サイトです。

アメリカPGAツアー松山英樹プロ初優勝の重み

最終更新日: 公開日:

今日はこの話題に触れないわけにはいきませんね。

昨日の夜、ゴルフ界で世界に挑戦する二人の若者として松山英樹プロの話題に触れた直後、早速やってくれましたね。

PGAツアー「ザ・メモリアルトーナメント」優勝!おめでとう!

22歳という若さでのPGAツアー初優勝は重みのある1勝になるでしょうね。

日本ではタイガー・ウッズをはじめ、ローリー・マキロイやリッキー・ファウラーなど、とにかく若くから活躍する選手が注目される傾向にあります。

おそらく石川遼プロの登場で「史上最年少」とか「若くして」というキーワードが目立つようになってしまったのだと思いますが、PGAツアーの活躍する選手を見ると20代よりも30代が多く、みな若い頃は苦労して下位トーナメントで成績を上げ、PGAツアーの参加資格を得た選手ばかりです。

それほどPGAツアーは高く厳しい世界ですし、ツアーに参加するというだけでもっと評価されていい世界なのです。

ですので、今回の松山英樹プロの初優勝は「彼なら当然」というのはPGAツアーを甘く見過ぎです。弱冠22歳でのPGAツアー初優勝は世界的にみても快挙だと思います。

朝からニュース番組などでもっと取り上げられてもいい話題なんですけどね。

さて、もう一人の若者「石川遼プロ」はトータル289、通算1オーバーでホールアウト。今週も予選通過し最終日までプレーしてました。

松山英樹プロの優勝に焦ることなくいい意味で刺激を受けて、石川プロにも頑張って欲しいところです。

PGAツアーで二人が優勝争いするような姿をみたいですね。

管理人がよく利用するオンラインショップ

 - PGA, ツアー情報, 松山英樹プロ


ページ上部へ